保育士辞めたい!転職したい

*

保育士の仕事を辞めたいと思っている方へ

保育士を辞めたい!その理由は?

「もう保育士を辞めたい」
「違う仕事に転職したい」

そんな風に考えている保育士さんはとても多いと思います。

保育士の仕事は子供と触れ合えて、子供の成長を見守ることができます。子供好きな人にとってはぴったりな仕事ですよね。子供の頃から保育士に憧れていて、進路の際にも迷わず保育の短大や専門学校に進学したという方も少なくないでしょう。

しかし実際に保育士として働き始めると、働いてみないと分からなかった様々な問題が出てくると思います。

例えば給料の問題。世間では保育士の給料は安いとよく言われていますが、その通りで保育士の給料は決して高いとは言えません。

とはいえ給与額は求人票にも記載されていますから、入社する前から分かっているはずですよね。じゃあどうして後から給料が安いと文句を言いたくなるのかというと、最初の段階では、

「最初はこんなものかな」
「そのうち上がっていくだろうし今は我慢!」

と思っていたからではないでしょうか。

思ったより低いけどどこの園も同じようなものだし、何年か働けばそのうち昇給するだろうからまぁ大丈夫かな…ということで就職したものの、いつまで経っても全然昇給していかない、いつまでも初任給と同じくらいしかもらえない…ということになっているからこそ不満に思うのでしょう。

また最初は給料のことばかり気にしていられないというか、「多少給料が低くてもやりがいの方が大事!」と考える人も少なくありません。

確かに仕事にはやりがいが重要ですし、実際にやりがい重視で給料が安くても我慢して働いている人はいます。

しかしそれはその人が色々な仕事・職場を経験した上で「結局やりがいが一番重要」という結論に至った訳であって、すべての人に当てはまることではありません。

最初はやりがい重視で働きたいと考えていたものの、実際に就職してみると「やっぱり給料も大事だな…」と痛感して、次の転職時には給料にも比重を置くようになる人もたくさんいます。

給料が低いのって思ってる以上にキツイんですよね。一人暮らしするのも厳しいし、遊び代やデート代も節約しなくちゃいけません。欲しい物も我慢することが多くなるし、「せっかく社会人になったのに好きな物も買えないなんて…」と悲しくなります。

それに周りの人と同じ時間(むしろ長く)働いているのにもらえる給料が少ないのは何だか損している気持ちになるし、「頑張ったのにたったこれだけ?」とモチベーション低下にも繋がります。

さらに貯金をする余裕も無いとなれば、将来の事も不安になると思います。まとまったお金が無いといざという時に困るし、結婚資金だって今のうちから貯めておきたいですよね。

このように、給料が低いというのは仕事を辞めたくなる大きな理由になります。

仕事が忙しすぎる、残業が多いのも不満

保育士を辞めたい理由として、仕事の忙しさを挙げる人も多いです。

保育士の仕事は子供のお世話をするだけじゃありません。事務作業や行事の準備など裏方の仕事もたくさんあるんですよね。

でも勤務時間のほとんどは子供を見ていなきゃいけないし、唯一他の作業が出来るお昼寝の時間だって何かと忙しくてほとんど作業が出来なかったなんてこともしょちゅうです。

そうなると終わらなかった業務は残業するか自宅持ち帰りでこなすしかないんですよね。

仕事中もバタバタと忙しくて気の休まる暇が無いのに、その上残業まであると毎日疲れ切ってしまいます。これが一人担任ならなおさらです。

仕事の忙しさはハンパないのにそのくせ給料は安いとなれば辞めたくなるのも分かります。仕事は好きだけど体力的にもう無理ということで退職を選ぶ保育士さんもいると思います。

さらに、保育士の仕事には子供の命を預かるという大きな責任もあります。万が一子供に何かあったら…という緊張感を常に持って働かなくちゃいけないのも精神的に大きな負担になりますよね。

そうした事もあって、これで給料が安いのは割に合わないと感じる保育士さんが多いのだと思います。

人間関係で悩む保育士も多い

そして保育士の退職理由を考える上で欠かせないのが、人間関係の問題です。職場の人間関係を理由に辞めていく保育士さんは本当に多いです。

保育士は圧倒的に女性が多いので、そういった職場では人間関係のトラブルが起きやすいんですよね。自分だけ仲間外れにされる、陰口を言われる、陰湿な嫌がらせをされるといった事で悩む保育士さんは多いようです。

女性のみ、もしくは女性の中に少数の男性という環境は、独特の空気がありますよね。こういう女社会の環境が苦手という人にとっては、保育士の仕事もやりにくいと感じる事が多いと思います。

さらには保育士の場合、保護者とのやりとりも加わります。職場の人間関係というより、保護者との関係が上手くいかなくて悩む保育士さんも多いですね。

最近は無茶な要求をしてきたりすぐクレームを入れてくる保護者も多いですから、保護者対応にはすごく神経を使います。そんな所が嫌になって辞めたくなったという保育士さんも少なくないと思います。

ストレスで体を壊す前に転職しよう

このように、様々な理由から退職・転職を検討している保育士さんは多いと思います。

ただ、せっかく学校にも通って保育士になったのに辞めちゃうなんてもったいないかな、と退職をためらう気持ちもあるのではないでしょうか。

それに他の仕事と違って、退職すると子供達に悪いような気もしますよね。特に年度途中で担任が変わる事態は避けたいという気持ちが強いのではないでしょうか。

しかし、嫌だ無理もう辞めたいという気持ちを我慢しながら働き続ければ、そのうちストレスが原因で心身に異常をきたしてしまう危険性もあります。

実際にうつ病に悩む保育士さんも多いようですから、保育士の精神的負担は想像以上に大きいのかもしれません。

自分の体は自分で守らなくてはいけませんから、今の仕事が大きな負担になっていると思ったなら違う仕事に転職するのも必要なことだと思います。

また、将来結婚して子供が出来たら保育士の仕事を続けるのは難しいかなと考えている場合も、将来的に転職するつもりであれば今のうちに転職してしまうのもいいと思います。

というのも、30歳を過ぎていざ転職しようと思っても、保育士以外の経験が無いと異業種転職は難しくなってくるからです。

若いうちに保育士以外の経験も積んでおけばその後の転職が楽になりますから、今後のキャリアの事を考えたら早い段階から保育士以外の仕事を経験しておいた方がいいのかもしれません。

保育士から異業種転職するには

ただ、仕事を辞めたいとはいっても突発的に辞める訳にはいきませんよね。

実際に退職・転職するとなると、

  • 次はどんな仕事を探すか
  • 保育士経験しかない自分でもできる仕事はあるのか
  • いつ退職するか、年度途中でも辞められるのか
  • 勤務年数が短いけど今辞めて職歴に傷が付かないのか
  • 正社員がいいのか派遣がいいのか

など、考えなくてはいけないことがたくさんあります。

中には色々考えるうちに、

「自分には保育士以外の仕事なんて出来ないんじゃないか」
「辞めても新しい仕事が見つからないなら保育士を続けるしかないかな」

と異業種転職を諦めてしまう方もいるかもしれません。

しかし、まだ20代であれば未経験でも受け入れてくれる企業はたくさんあります。保育士の仕事しかした事がないとしても転職先はきっと見つかります。

ですから保育士の仕事を辞めたいと思っているなら、思い切って異業種転職に踏み切ってみてはいかがでしょうか。

未経験での転職は若い方が有利になりますから、保育士からキャリアチェンジするならなるべく早い方が良いです。

今の職場の都合もあるので年度末までは転職出来ないといった事情もあるとは思いますが、その場合も在職中から転職活動は始めておいた方がいいですよ。

当サイトでは保育士から異業種転職をお考えの方に向けて、仕事を辞めるタイミングや保育士から転職するのにおすすめの仕事、求人探しに便利な転職支援サービスのご紹介など、異業種転職に役立つ情報をご紹介していきます。

保育士の仕事を辞めたい、保育士から他の仕事にキャリアチェンジしたいとお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。