人間関係の悩み
保育士辞めたい!転職したい > 保育士辞めたい > 人間関係が原因で保育士を辞めたい

人間関係が原因で保育士を辞めたい


女社会の保育士は悩みが多い

保育士が仕事を辞めたいと思う原因には色々ありますが、やはり特に多いのは人間関係の悩みではないでしょうか。職場の人間関係が原因で退職を考えたり、実際に退職・転職する保育士はとても多いです。

保育士が人間関係でつまづきやすい原因には、保育士の主な職場となる保育園は女性が多い女社会であるというのが大きく関係していると思います。

最近は男性保育士も増えては来ていますがまだまだ圧倒的に女性保育士の方が多いですから、保育士の職場は女ばかりです。女性が集まると問題事が色々と増えるんですよね。

噂話が好きであることないこと言いふらす人がいたり、当人のいない所で悪口ばかり言う人、妬みや僻みから陰湿な嫌がらせをする人がいたりと、もちろん女性だからということがすべてではありませんが、女性が多い環境ではこういったことが起こりやすいです。

では保育士が抱える人間関係の悩みとは、具体的にどんなことなのでしょうか。

保育士が抱える人間関係の悩みとは?

同僚保育士と仲が悪い

先輩や同期、後輩の保育士と仲が悪い、嫌でしょうがないということで退職を考える保育士さんは多いです。

やはり女性の集まりということで悪口・陰口が酷かったり、派閥ができて対立しているせいで職場全体の雰囲気が悪くなっていたりということがよくあります。

ミスを押し付けられる、先輩からは仕事を教えてもらえない、自分だけ仲間外れにされたりなど、辛い思いをしている保育士さんも多いでしょう。

中には同僚保育士からいじめにあっていて仕事に行くのが辛くてしょうがないという方もいると思います。

また生理中だから、彼氏とケンカしたからといったことでイライラを他人にぶつけるタイプの女性もよくいたりして、そのせいで周りがいつも振り回されて大変というケースもありますね。

園長が嫌い

園長先生が嫌い、もう嫌だということで仕事を辞めたいと思う保育士さんもとても多いと思います。

保育園という狭い世界において園長の存在は大きく、基本的に保育士は園長には逆らえません。特にワンマン園長の場合はもはや言いなりになるしかありません。

その園長先生が人柄もよく教育熱心な良い人ならいいのですが、そうじゃない場合は最悪です。理不尽なことで怒られたり、パワハラまがいの事を平気でしてくる園長もいるでしょう。

また保護者とのトラブルがあった場合にもこちらの言い分を一切聞いてくれず、全然保育士を守ってくれる気配がないというのも不信感に繋がりますよね。

さらには利益重視でエアコンを付けてくれない、危ないと言ってるのに備品を全然買い換えてくれないなど、経営方針への不満も園長との関係が悪化する原因になるでしょう。

保護者との関係が上手くいかない

保護者と良好な関係を築いていくのも保育士の大事な仕事ですが、これが上手くいかないと悩む保育士さんも多いと思います。

保護者対応というのは大変ですよね。子供の様子をしっかりと報告するだけでなく、失礼のないように身なりや態度に気を使ったりもしなくてはいけません。

しかし保護者にも色々な人がいますから、中には我が子かわいさに過保護になってしまったり、理不尽な要求をしてくる親もいます。

保護者とトラブルになることもよくあるため、こうしたところで強いストレスを感じて退職を決める保育士も珍しくありません。

もう失敗したくない!辞めたい理由から転職先を選ぶ

人間関係の悩みというのはどんな仕事でも起こり得ることです。しかし保育士はそうした人間関係の悩みの種が多いというのも確かですね。

違う保育園に転職するというのも問題解決の一つの手ではありますが、保育園を取り巻く環境というのはどこも似たようなものですから、違う園に移っても大きな変化はなかったということもありえます。

なのでもっと根本的に環境をガラッと変えたい、違う世界に行きたいと思ったのであれば、異業種への転職を考える必要がありますね。

その場合、今の環境で何が一番嫌だったのかを考えてみてください。それを踏まえた上で転職先を選ぶことができれば同じ失敗を避けることができるはずです。

例としていくつか挙げてみます。

同僚が女ばっかりで居心地が悪かった

女性が多い職場は働きづらいという意見はよく聞きますが、これは人によります。女性が多い方が楽だし楽しいと感じる人もいます。

しかし女性ばかりの環境が苦手だと感じる人が多いのも事実なので、そういったタイプの人は保育士として働くのは辛いものがあるでしょう。

この場合は男女比が同じくらいの職場や、男性が多い職場に転職するといいかもしれません。

人間関係は性別だけでなく個々の性格も大きく関係するので一概には言えませんが、「今までの苦労は何だったの!?」というくらい平穏に働けるようになる場合もあります。

女性が多い職場では話題が人のうわさ話ばっかりだったり、彼氏の話、コスメやファッションの話、テレビや流行の話題などが多くなりがちですが、こうした話題が苦手という人にとってはそれだけでストレスに感じることもあります。

ですので「自分は女性だらけの環境は苦手かも」って思ったのであれば、男女比に着目して職場選びをしてみると働きやすい職場に転職できるかもしれません。

園長からパワハラを受けていた

園長によるパワハラが原因で転職するのなら、次は平穏に働ける職場を選びたいですね。

ただ残念ながらパワハラは保育園に限らず様々な職場で横行していますから、なるべくパワハラが無さそうな職場を探す必要があります。

パワハラは強い権力を持った人物がいる環境で起こりやすいです。ワンマン経営の保育園もそうですよね。ですから家族経営の会社や、規模の小さい会社だと社長が社員にパワハラしている可能性が高まります。

少ない人数で頑張っている会社は団結力が強くてチームワークがいい、意見が通りやすくやりがいを持って働ける会社も多いのですが、パワハラを受けたくないのであれば避けた方が無難かもしれません。

あとは人手不足で忙しい職場も殺伐として心が休まらないので、もっとゆったりと働ける余裕のある仕事を選んでみるのもいいかもしれません。

保護者対応が嫌でしょうがなかった

保護者から怒られたり、嫌味を言われたり、悪質なクレームを入れられたり…。こうした保護者の対応が嫌になったという方もいるでしょう。

保護者対応はまさに接客と同じです。接客業でも客から怒られたり暴言を吐かれたり理不尽なクレームを付けられることは日常茶飯事です。

ですからこうした対応が苦痛でしょうがないという人は、接客業も止めた方が良いでしょう。

もっとも、接客においてのクレーム対応が好きな人というのはほぼ皆無だと思いますが、好きではなくても上手にこなせる人はいます。心の中ではストレスが溜まりっぱなしだったけど保護者からの評判は良かったという保育士さんもいると思います。

こうしたタイプは接客の仕事が向いていない訳ではないので接客や営業の仕事に就くのもアリだと思うのですが、ただ保護者対応が嫌で保育士を辞めるのにまた同じような仕事をするのは辛いですから、とりあえず次は違う仕事を選んだ方がいいまもしれませんね。

希望に合った転職先を見つけるには

こうした希望条件がはっきりしたら、あとはそれに合う求人を探しましょう。

希望条件から求人を探すなら、コンサルタントがいる就職支援サービスを活用するのが便利です。

これらは20代の第二新卒・既卒・フリーター向けの就職支援サービスで、コンサルタントが求人紹介や就活のサポートを行ってくれます。

今の職場を転職したい理由と、次はどんなところで働きたいかといった話をすれば、あなたにぴったりの求人を紹介してくれるはずです。

また保育士からの転職だと未経験の仕事に転職するケースがほとんどだと思いますので、そうなれば未経験OKの求人を探すことも重要になります。

上記でご紹介した就職支援サービスでは未経験可の求人ばかりを取り扱っているため、保育士からの転職もしやすいんです。さらにDYM就職や就職shopでは書類選考なしで面接をセッティングしてくれます。

どれも無料で利用できるので、転職の際はぜひ活用してみてください。

自分自身にも原因がないか考えてみよう

人間関係はどこの会社にいてもありますから、転職してリセットしたところでまた新たな環境で新しい悩みを抱えることになることだってあります。

ですから職場の人間関係を良好にしたいと思ったら、周りの環境のせいにするだけではなく、自分自身も変わる必要があるかもしれません。

職場に一人トラブルメーカーがいるせいで人間関係が悪くなっているケースもありますが、もしかすると自分の態度が原因で関係が悪くなっていることだって十分にあり得ます。

「どこに行っても人間関係が悪い職場にばっかり当たるなぁ」と思ったら、もしかすると自分が原因ということも考えられます。

働きやすい環境で仕事ができるように、自分の行いや態度を今一度見直してみることも大切ですね。