転職して後悔する女性
保育士辞めたい!転職したい > 保育士辞めたい > 保育士を辞めて後悔したこと

保育士を辞めて後悔したこと


本当に保育士を辞めちゃっていいのかな?

「保育士の仕事にもう嫌気が差したから辞めたい」
「仕事は好きだけど給料や休みなどの待遇面に不満があるから転職したい」
「人間関係が辛すぎて逃げ出したい」

といったような理由から転職をお考えになっている保育士さんも少なくないでしょう。

思い切って保育士とは全然関係ない異業種の仕事に転職してみたい気持ちもあるけれど、いざ転職するとなると「本当に保育士を辞めてしまっていいのかな」という葛藤が生まれるのではないでしょうか。

転職のしやすさで言えば異業種より同業種ですから、次も経験のある保育士の仕事に転職する方が簡単です。それに今から違う道に進むのはこれまでのキャリアを捨てることになってしまいます。

そして何より、仕事に対しても未練がある方は多いと思います。保育園は辞めたいけど子供達と離れるのは辛い…ということで転職を先延ばしにしている保育士さんもいることでしょう。

仕事が嫌で辞めたいとは思っていても、もし辞めて後悔するのも嫌ですよね。

そこで、保育士を辞めて後悔したと思ったことにはどんなことがあるか、元保育士からの声を集めてみました。

保育士を辞めて失敗したと思ったこと

子供と離れるのが辛い

保育士を辞めることで一番辛いのは子供達と離ればなれになることだと考える保育士さんは多いでしょう。

特に年度途中で辞める場合は保育園の方針で辞める当日まで保護者にも子供にも伏せておくところもあり、そうなるとお別れも言えないまま突然姿を消すことになります。

せっかく仲良くなったのにお別れするのは寂しいし、クラス担任だった場合は途中で担任が変わることに対する罪悪感もあるでしょう。

「園児達の成長する姿を最後まで見届けたかったなと思う」
「辞めた後も子供達の様子が気になる」

といった子供達を気にする声がとても多かったです。

他にも、保護者の方に「来年下の子が入園するからよろしくね!」と言われていたから申し訳ない気持ちになったという意見もありました。

辞めてから「子供が好き」という事を痛感した

元々子供好きだから保育士になったという人が大半だと思いますが、仕事が辛すぎるとそういう気持ちを忘れてしまいがちです。

しかし転職して子供と関わらない異業界で働き始めた時に、やっぱり子供と関わる仕事がしたい、やっぱり子供が好きだったんだという気持ちが強くなる人も多いようです。

「新しい仕事は楽だけどつまらなく感じる」
「一度事務職に転職したけどやっぱり子供と関わりたくなってまた保育士に戻った」

など、辞めたら改めて保育士の仕事の楽しさが分かったという方が多くいました。

やりがいより待遇の良さを求める人は転職して良かったと感じ、やりがいを求めるタイプは保育士の方が良かったと感じるようです。仕事を辞めてみて初めて自分がどちらのタイプなのかが分かるのかもしれませんね。

転職先も人間関係が悪かった

保育士の退職理由で人間関係は常に上位ですから、同僚の保育士や主任、園長との仲が原因で転職した保育士さんも多いことでしょう。

しかし人間関係の問題はどんな会社でも多かれ少なかれありますし、また職場の人間関係に関しては実際に働いてみないと分からないという側面もあります。

確かに保育士は女社会なので人間関係のトラブルは起こりやすいですが、だからといって男性が多い職場や男女比ほぼ同じの職場だったら問題が無くなるとは限らないんですよね。

そのため、

「男性ばかりの職場に転職してもう安心かと思ったらねちっこい性格のオッサンがいた」
「やっぱり職場の人間関係は入ってみないと分からないと思った」

など、新しい職場でもまた人間関係で悩まされている意見も少なからずありました。

転職しても給料はあまり変わらなかった

給料の安さを理由に転職したものの、転職しても給料アップは叶わなかったという保育士さんも少なくないようでした。

「仕事は楽になったからいいけど給料はほぼ同じ」
「販売に転職したけど給料はほとんど変わってない」

といったように、給料はそう変わってないという人が結構いました。中には公立保育園からの転職でむしろ給料が下がったという方もいました。

保育士の転職先で多い事務職や販売職も給料が高い仕事とは言えませんから、給料アップを狙えるかどうかは転職先によるところが大きいようです。

また例え高年収が期待できる仕事だとしても22歳、23歳くらいの時期ではまだ給料は上がっていませんから、転職したてでは保育士時代とほとんど変わらないと思います。差が出てくるのは数年後でしょうね。

ただ給料は変わらない・下がったとしても、それでも転職して良かったという意見もとても多かったです。

仕事は格段に楽になったから、給料は低いままでもとりあえずは満足ということみたいですね。

再就職先がなかなか見つからなかった

保育士からの異業種転職で、再就職先が見つからないという悩みは多いです。

保育士経験しかないと異業種転職では未経験扱いですから、20代前半ならともかく20代後半以降になるとなかなか厳しい状況になるようです。

そして保育士は退職のタイミングが特殊ですから、転職活動を始めるタイミングも難しいんですよね。退職を申し出てから退職日まで時間があるので余裕はあるのですが、あまり早くに転職先を見つけても入社日まで間が空きすぎてしまうという問題があります。

それならもう休息を兼ねて保育園を辞めてからゆっくり仕事探しをしようと思ったものの、いざ退職後に就活をしてみると全然仕事が決まらなくて困った…という保育士さんが少なくないようです。

「再就職探しに苦戦して結構なブランクが空いてしまった」
「思っていたより現実は甘くなかった」

など、スムーズに再就職先が見つからなくて苦労したという意見が結構ありました。

その後時間が掛かっても希望の再就職先が見つかればいいのですが、やはり空白期間が長くなるのは今後の転職にも響きますし、それが怖くて妥協してしまうと転職失敗ということになりやすいです。

転職することで初めて分かることもある

保育士を辞めて後悔したという声を集めるとこのように色々な意見がありましたが、やはり大半を占めるのは子供絡みのことでした。

お世話してきた園児達とお別れしたのが辛かったという声は非常に多く、きっとほとんどの保育士さんはそう感じたと思います。

そして一度保育の世界から離れることで「子供と関わる仕事がしたい」という気持ちを再確認できたという保育士さんも多かったですね。実際出戻りする保育士さんも結構います。

一度外に目を向けて客観的に保育士の仕事を見つめ直せたからこそ保育士の良さに気付けたんですよね。ずっと保育士の仕事を続けていたらその気持ちに気付けなかったかもしれません。

保育士以外の仕事もしてみたいと思いながら嫌々働くのと、保育士の仕事の素晴らしさを再確認した上で働くのでは、仕事に対するモチベーションが全然違うと思います。

そういった事を考えると一度違う仕事に転職するのは無駄ではないと思うし、出戻りする保育士さんにとっては後悔した事じゃなくて辞めて良かった事と考えることもできそうですね。

ただ、出戻りした後に再度異業種への転職をする保育士さんもいました。保育から離れてやっぱり子供と関わりたいと思って保育士に出戻りしたものの、戻ってきたら保育士の仕事の嫌な部分も思い出して結局保育士を辞めるという事のようです。

保育士に限ったことではないですが、仕事には良い面も悪い面もあります。この保育士さんの場合「子供と関われる仕事」というメリットを再確認したものの、最終的にはそれ以外のデメリットの方が気になってしまい退職を選んだということですね。

仕事に対して自分が何を一番に求めているのかを知ることは、仕事を続ける上で非常に重要になります。そしてそれは退職して初めて分かることも多いんですよね。

ですから保育士の仕事が嫌だ、他にもっと良い仕事があると思うのなら、思い切って転職してみるのも良いと思います。自分にとってきっと良い経験になります。

ただし何回も転職を繰り返すのは職歴に傷が付いてしまうので避けた方が良いです。特に異業種にばかり転職をしてしまうと職歴に統一性が無くなり、ただの忍耐力のない人かトラブルメーカーだと思われてしまいます。

ですからもし転職するのであれば、今の仕事の良い点と悪い点(不満に思うこと)を整理して、悪い点を解消できる転職先を探しましょう。

そうしていくうちに自分が何を一番求めているのかが分かるようになりますから、そうすれば転職で後悔したり失敗することも少なくなるでしょう。

異業種転職の前に同業種転職も検討してみては?

子供は好きだけどもう仕事は辞めたいと思って異業種転職をお考えになっている保育士さんで、もし今の保育園でしか働いた事がないという方がいたら、異業種転職の前に一度違う保育園で働いてみるのもいいと思います。

給料や残業の量などの労働環境、園の方針や行事に対する姿勢などは保育園ごとに全然違います。今働いている保育園が保育士のすべてではないんです。

ですからわざわざ違う仕事に転職しなくても、今の不満は業界内転職するだけで解決できる可能性もあります。

それに保育園じゃなくても院内託児所や企業内託児所、ショッピングモールの託児所など、保育士として働ける職場は保育園以外にもあります。

保育士としての根本は変わらないですが労働環境の改善は図れますから、子供と関わる仕事を続けながら良い環境で働けるようになるかもしれません。

それでもだめならその時に異業種転職を考えればいいのですから、やってみても損はないと思います。

保育士からの異業種転職で後悔したくないという方は、異業種転職に踏み切る前にまずは同業種転職も考えてみてはいかがでしょうか。