保育士から異業種転職
保育士辞めたい!転職したい > 保育士辞めたい > 保育士を辞めて異業種転職

保育士を辞めて異業種転職


保育士の「辞めたい」には2パターンある

仕事を辞めたいと思っている保育士さんは、

  • 今の職場(保育園)を辞めて、また保育士として別の園に転職したい
  • 保育士という職業を辞めて、全く違う仕事に転職したい

という2つのパターンに分けられると思います。

職場の人間関係、給料、残業の多さ、仕事量、園の方針などで悩んでいる場合は、保育士を辞めなくても別の保育園に転職することで解決できる可能性があります。

保育士は保育士の仕事が好きでこの仕事を選んだ人が殆どでしょうから、仕事は辞めたいけど保育士は辞めたくないという人も多いでしょう。そういう人は業界内で転職すればいいと思います。

保育士資格を持っていて実務経験もあるのであれば、保育士不足の今は引く手あまたでしょう。転職先はいくらでも見つかるはずです。

しかし、保育士の給料の低さに耐えられないだとか、もう保育士の仕事が嫌ということであれば、保育士を辞めて保育士以外の仕事に転職する必要がありますね。

給料などの待遇面は他の園に移ることで改善される場合もありますが、そもそも保育士自体の待遇が良くないため、違う園に行ったところで大幅な改善は見込めません。

もっと根本的に改善したいということであれば、やはり違う業界で働くのが一番でしょう。

それに仕事自体が嫌いになってしまったのであれば、もう転職以外解決法はありません。言う事を聞かない子供のお世話は大変ですし、モンスターペアレントの相手も非常にストレスが溜まります。

それでも「子供は好きだから…」という気持ちがあれば頑張れますが、辛い毎日を過ごすうちに中にはその気持ちすら無くなってしまう保育士さんもいます。

だんだん子供がかわいくなくなってきた、憎らしいとさえ思えるようになってくる場合もあるでしょう。そうなってしまったら、給料が安いのに人一倍忙しい保育士の仕事を頑張れるモチベーションを失ってしまい、一気に辞めたくなると思います。

またしばらく働いているうちに、自分は保育士の仕事が向いていないんじゃないかと思うこともあります。向き不向きは努力や工夫次第で何とかなることもありますが、あまりにも向いてないと思えばそれも転職理由になるでしょう。

このように保育士の仕事を辞めて別の仕事に転職したいと思っている保育士さんは結構いると思います。

しかし異業種転職の場合、保育士→保育士の同業種転職に比べて難易度が一気に上がります。

異業種転職は未経験からのスタート

異業種への転職ということは、基本的に未経験の仕事へ転職することになります。

もし保育士の前に別の仕事経験があるなら別ですが、多くの場合は全く経験のない仕事への転職となるのではないでしょうか。せいぜい学生時代にバイト経験があるといった程度だと思います。

未経験の仕事への転職って大変です。なぜかと言うと、これまでのキャリアを捨てることになるからです。

もちろん今までやってきたことがすべて無駄になることはないけど、少なくとも転職の際にはそこまで役立ちません。保育士に関連した仕事でなければ評価の対象にはならないからです。

逆に同じ保育士へ転職するのなら保育士経験は大いに役立ちます。保育士経験がある「経験者」ですから、経験が長いほどどこの保育園からも歓迎されます。

このように、転職において経験があるかないかは非常に重要なポイントとなってきます。経験がある経験者は重宝され、経験がない未経験者はあまり歓迎されないんです。

経験者がこれほどまでに歓迎されるのは、やはり即戦力になるからです。

中途採用をする会社の多くはすぐに活躍してくれる人材を求めています。同じ仕事の経験がある経験者なら仕事に対する知識も深いしスキルも身に付いているので即戦力になりますよね。

しかし未経験者の場合、一から仕事を教えなくてはいけないので手間やコストが掛かりますし、使い物になるまで数ヶ月~数年の時間も掛かります。はっきり言って、経験者に比べて使い勝手が良くないんです。

ちなみに新卒で入ってくる新人も未経験ですが、こちらは長く活躍してもらうことを期待しているので教育に時間もお金も掛けられます。中途採用は出世できないなんて言われる会社もあるくらいです。

つまり中途採用で未経験となると、即戦力にはならないし新卒よりも歳は取っているしで、どうしても不利になってしまうものなんです。

年齢が若ければ未経験でも転職しやすい

しかしそれでも異業種転職したいという保育士さんも少なくないでしょう。このまま保育士の仕事を続けるのはもう無理、限界と感じている場合は転職するしかないですからね。

保育士からの異業種転職は簡単ではないものの、かなり難しいという程でもありません。そこまで選り好みしないのであれば転職先は見つかると思います。

保育士は離職率が高いですが、その分異業種転職を成功させている人もたくさんいます。本気で辞めたいと思っているならチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ただし未経験からの転職では年齢も重要になってきます。というのも、未経験転職では若い人ほど有利になるからです。

先ほど中途採用では即戦力となる経験者が優遇されると言いましたが、中には未経験者も積極的に採用してくれる企業もあるんです。未経験転職ではそうした企業を狙っていくのが基本的な戦略となります。

しかしそうした企業では経験やスキルは求めないかわりに、やる気や若さ、ポテンシャルを重要視します。年齢でいうと20代、特に22歳~25歳くらいまでの20代前半の若者が求められています。

そもそもなぜ経験やスキルを求めていないのかというと、即戦力になる人材ではなくてじっくり育てられる人材を求めているからなんです。つまり新卒を採用するのと同じような理由ですね。だから新卒に近い年齢が好ましいんです。

それなら最初から新卒を採用すればいいのにと思うかもしれませんが、今は新卒者を獲得できなくて困っている企業がたくさんあります。そういった企業が第二新卒や既卒、若いフリーターなどに目を付けるんですね。

それに、新卒以外の第二新卒に目を向けるには他にも理由があります。それは新卒者と違って社会経験があるということ。一度就職した事で社会人としての基礎は出来ているし、せっかく就職したのに辞めてしまったから次は長く続けよう!といったように労働意欲も高い人が多いです。

採用側としては教育コストがかからない上にやる気のある人材が手に入るというメリットがあるんですね。

これは20代で転職を考える保育士にも同じ事が言えます。だからまだ20代であれば、未経験でも採用してくれる企業と出会えるチャンスはあります。

20代・未経験で転職するのにおすすめの就職支援サービス

ではそうした20代の未経験者を歓迎してくれる企業はどこで見つかるのかというと、20代に特化した就職支援サービスで見つかります。

マイナビジョブ20’s

は第二新卒・20代の求職者向けの就職支援サービスです。

扱う求人はすべて20代の若手社会人・第二新卒を必要としている企業の求人となっているので、20代で保育士から異業種への転職をお考えになっている人におすすめです。

また他には、

  • DYM就職
  • ハタラクティブ
  • 就職shop

といった就職支援サービスもあります。

こちらは20代のフリーター・第二新卒・既卒向けの就職支援サービスとなっていて、未経験歓迎の求人を豊富に扱っています。フリーターや第二新卒向けとはいっても、もちろん保育士で働いてきた人も利用できます。

これまでの職歴や学歴は気にしないという企業も多く、DYM就職、就職shopでは書類選考がありません。面接で直接アピールする機会ができるため、肩書きではなく内面で勝負できます。

こうした就職支援サービスでは職業紹介だけでなくカウンセリングや面接対策などのサポートも受けられるため、一人で就活するよりも成功しやすいと思います。

無料で利用できるので、転職を検討中なら気軽に登録してみてはいかがでしょうか。在職中でも登録できますよ。

保育士転職・退職を悩んでいる人へ

仕事が辛いと思うことは誰だってあるし、そしてそういう時には

「もっと向いている仕事があるんじゃないか」
「こんなに大変な仕事は他にないんじゃないか」

なんて思ってしまうのもみんな同じです。

しかし辛いのは最初だけかもしれないし、ちょっと考え方を変えるとか、仕事のスキルが身に付いてくれば徐々に辞めたい気持ちがおさまることもあります。

ですから辛いからすぐに辞めることを考えてしまうというのはあまりおすすめできません。まずは今できる最大限の努力をするべきです。

ただし、本当に働くのが辛すぎる職場というのがあるのも確かですし、本当に保育士が向いていないとしたら無理して働き続けるのは苦痛だと思います。

自分なりに努力してみたけどやっぱり無理だった、もう頑張れないと思ったのなら、その時は転職するのも必要な事だと思います。あまり無理をするとストレスで体を壊してしまう危険性もあります。

自分に厳しい人だと「辞めるのは逃げだ」なんて考え方をしてしまうかもしれませんが、時には逃げることが必要な時だってありますし、そもそも辞めて新しいことにチャレンジするのが逃げだとは思いません。

もう限界だと感じているのなら、外の世界に目を向けてみてください。保育士以外にも道はたくさんあるはずですよ。