悩む保育士
保育士辞めたい!転職したい > 保育士辞めたい > 保育士を1ヶ月で辞めたい

保育士を1ヶ月で辞めたい


保育園で働き始めて1ヶ月で退職したくなった

保育系の専門学校を出て、もしくは独学で勉強して保育士資格を取得して念願の保育士として働き始めたものの、入って1ヶ月しか経っていないのにもう辞めたくなってしまったという保育士さんもいると思います。

せっかく頑張って保育士になったのに1ヶ月で辞めちゃうなんてもったいないという気持ちもあるし、それに社会人としても1ヶ月で仕事を辞めるのはさすがに早すぎる…と躊躇する気持ちもあると思います。

しかし本当にもう辞めたい、辛くてしょうがないと思っているからこそ、まだ1ヶ月しか経っていないけど本気で退職しようかどうか考えているのでしょう。

今まさに保育士の仕事を辞めるか迷っている方は、この記事を読んだ上で本当に退職するかどうかをもう一度考えてみていただきたいと思います。

保育士を1ヶ月で辞めたくなった理由

保育士を1ヶ月で辞めたくなってしまった理由としては、

  • 思ってた仕事と違った
  • 思ったより楽しくない
  • 保育の仕事が上手くできない
  • 仕事がキツすぎる
  • 先輩保育士や園長との関係が上手くいかない
  • 園の環境が悪い

などがあるでしょうか。

1ヶ月という短期間で辞めたくなるケースだと、一番多い理由は「思ってた仕事と違っていた」でしょうね。自分の思い描く保育士像と目の前の現実が違い過ぎて、そのギャップに苦しむパターンです。

想像では子供達に慕われて楽しく過ごせる魅力的な仕事だったけど、現実は言う事を聞かず暴走する子供に悩まされたり、生意気ばかり言って全然可愛くない子供もいます。

仕事も保育がほとんどかと思いきやその他の仕事が多すぎて保育に集中できない時もあるし、帰りも全然定時には上がれない、さらには持ち帰り残業もある…。

こうした事から「自分がやりたかったのはこんな仕事じゃない」と思って辞めたくなるんですね。

また、入ってすぐということであれば「子供が全然言う事を聞いてくれない」「ピアノが上手く弾けない」など、自分の実力不足を感じて辞めたくなる保育士さんもいるでしょう。

一緒に入った同僚は上手く出来ているのに自分だけ出来ないままだから、自分には保育士の仕事が向いていないんじゃないかと考えてしまうこともあるのかもしれません。

あとは同僚や先輩、園長と上手くいかなくて辞めたくなる保育士さんもいるでしょう。新人いびりが酷い、いじめられているというケースもあると思います。

そして保育園の方針や運営の仕方に疑問や不満を持つ保育士さんもいると思います。「子供への扱いが酷くてこんなところでは働けない!」という事もあるかもしれませんね。

保育士を1ヶ月で辞めたらどうなる?

保育士に限らず、会社に入ってすぐというのは覚える事も多いし慣れない環境で働かなくてはいけないので、誰しも一度は辞めたいと思う瞬間があるものです。

ですがそう思ってもほとんどの人は「今はまだ辞める訳にはいかない」という気持ちから踏みとどまり、実際に1ヶ月で退職してしまう人はごくわずかです。

どうして多くの人が1ヶ月では辞められないと考えるのかというと、やはり1ヶ月で退職してしまえば後々困るからですよね。入った会社を1ヶ月で辞めたという経歴が残ってしまうのがマズイからです。

つまり、1ヶ月で辞めてしまえば職歴に傷がついて再就職しにくくなるということです。

日本では長く勤めれば勤めるほど良いという考え方が根強く残っていますから、一度入った会社は最低でも1年、できれば3年は続けないと「忍耐力のない人」という印象を持たれてしまいます。

そんな状況ですから、1年どころかわずか1ヶ月で辞めてしまうなんてもってのほかです。会社が倒産したなどやむを得ない事情があるならともかく、自己都合で退職したとなれば印象は最悪です。

この考え方が良いかどうかは別としても、少なくとも現状こういった考え方の企業が圧倒的に多い以上、転職の際に不利となる短期退職歴を残すのは避けるに越したことはないですよね。

そしてこれは保育士にも当てはまります。保育業界は人材不足なので保育士求人の数は多いですが、それでも1ヶ月での離職歴があれば採用担当者は警戒します。

「ちょっと嫌なことがあればすぐ辞めちゃうかも」
「園の方針が合わないとか言い出しそう」
「今いる保育士達とうまくやっていけるかな?」

など、色々な事を考えてしまうでしょう。

特に保育士の場合は年度途中で急に辞められたら負担が大きいですから、すぐに辞めそうな人は採用したがりません。

ですから辞めた後また業界内で転職するにしても異業種へ転職するにしても、1ヶ月で辞めたという職歴はいつまでも付きまとい、再就職の邪魔をしてくるでしょう。

1ヶ月で保育士の仕事を理解することは難しい

職歴の事は抜きにしても、仕事を1ヶ月で辞めるというのはやはり早すぎます。

働き始めて1ヶ月というとまだまだ新人。先輩保育士に色々教えてもらいながら目の前の仕事をこなすのがやっとで、責任のある仕事はまだ任されていないですよね。

そんな状態ではまだ保育士の仕事の10分の1も理解していないと思います。保育士のやりがい、楽しさ、辛さなどを知るにはもっと仕事ができるようになってからじゃないと分かりません。

それなのにもう退職を決断してしまうのは早すぎると思いませんか?

もっと仕事に慣れて心に余裕ができたら今よりも楽しく感じられるようになるかもしれないし、担任を持った時初めてこの仕事のやりがいを感じられるようになるかもしれません。

たった1ヶ月働いただけでは自分に合ってないとか向いてないなんて判断できませんから、できるならもう少し頑張ってみてからもう一度考えてみて欲しいと思います。

どうしても退職すべき理由があるなら1ヶ月でも転職を検討しよう

ですが、中には例え勤務1ヶ月目だとしても辞めた方が良いと思われるケースもあるでしょう。

例えば精神的にキツくてもうこれ以上は無理だと限界を感じた場合。ストレス耐性は個人差がありますから、他の人は頑張れるからといって自分も頑張れるとは限りません。

それに保育園にも色々ありますから、園長のパワハラが酷い、性格の悪い保育士ばかり集まっているなど最悪な環境だった場合は1ヶ月続けるのも無理かもしれません。

また雇用形態や給料など入社前の説明と全然違っていた場合も、あまりにひどいのであれば早々に辞めてしまった方がいい事もあります。

あとはあまりないかもしれませんが、保育園が犯罪まがいのことをしていて違法行為を強要してくるというような事があった場合も、巻き込まれる前に早く身を引いた方がいいと思います。

保育士を1ヶ月で辞めた場合の再就職・転職について

もし色々悩んだ結果1ヶ月で退職することにした場合、その後の再就職・転職はどうしたらいいでしょうか。

先ほどから言っている通り、1ヶ月で辞めた経歴のある人に対して社会の目は厳しいです。多くの会社からは敬遠されると思います。

しかし、すべての会社が短期間で辞めた人を採用しない訳ではありません。中にはそうした短期間での離職歴があっても採用を検討してくれる会社はあります。

中途採用では職歴を重視する会社が多いので短期退職者には厳しいのですが、中にはこれまでの職歴は関係ない、気にしないと言ってくれる会社もあるんです。

そうした企業なら学歴や職歴といった部分よりもやる気や人柄、ポテンシャルを重視してくれるので、中身を評価してもらえたら採用の可能性は十分あります。

それに、20代なら職歴よりも若さが評価されて採用に至るケースも多いです。若い人が欲しいという企業は多いですから、職歴に傷があってもさほど気にしないと考える会社も少なくないんですね。

そう考えたら、いつかは転職するのに1ヶ月で辞めるのは早すぎるという理由だけで数年居座るのは時間の無駄という考え方もできますね。

とにかく、1ヶ月で保育士を辞めた後に就活するのであれば、1ヶ月で辞めたというネガティブな印象を払拭できるかどうかが重要なポイントになります。

職歴は気にしないという会社でも、いかにもすぐに辞めそうという人はさすがに採用したがりません。「あぁこんな感じの人だから1ヶ月で辞めたのか」と思われてはおしまいです。

ですからどうして1ヶ月で辞めてしまったのか、次は大丈夫かということを納得させられるような退職理由は考えておかなくてはいけません。

結局のところ、「1ヶ月で辞めたら再就職は難しくなるけど不可能ではない。再就職できるかは本人次第」ということです。

我慢できないから1ヶ月で退職して茨の道に進むか、再就職の事を考えてもう少し我慢してみるか、どちらがいいのか良く考えてから結論を出しましょう。