保育士を辞めた後どうする?
保育士辞めたい!転職したい > 保育士辞めたい > 保育士 辞めたあと、どうする?

保育士 辞めたあと、どうする?


もう保育士の仕事を辞めたい

保育士の仕事が辛い、もう辞めたいとお悩みになっている方は多いと思います。

保育士は子供と遊ぶだけの楽な仕事だと思われがちですが、実際は膨大な仕事量でなおかつ子供の命を預かる責任もあり、とっても大変な仕事です。無茶難題を言ってくる保護者対応に追われてストレスも溜まります。

また持ち帰り残業も多く、プライベートを犠牲にしなくてはいけません。仕事が忙し過ぎて彼氏と上手くいかなくなった経験のある保育士さんもいるでしょう。

さらには女性が多い世界ですから人間関係も大変で、嫌がらせやいじめがある職場も珍しくありません。職場の人間関係が原因で鬱になってしまう保育士さんも少なくないようです。

そして待遇面に不満を持つ人も多いですね。保育士の給料が低いという事はよく言われますし、昇給もほとんど期待できません。その上拘束時間が長くサービス残業や持ち帰り残業がたくさん発生するとなれば納得いきませんよね。

こうした事もあり、子供は好きで保育士の仕事自体は好きだけど、働く環境が悪すぎてもう続けられないと思っている保育士さんも少なくないでしょう。

保育士を辞めた後について

しかし嫌だから辞めたいからといって、仕事というのはそう簡単に辞められるものでもないですよね。

「人手不足だから保育園側がなかなか辞めさせてくれない」という話は置いといて、今言いたいのは「辞めた後どうするか」という事です。

感情に任せて後先考えずに辞めてしまったら、後になって後悔するかもしれません。勢いで辞めてしまう前に、しっかりと今後のことを考えておかなくてはいけません。

保育士を辞めた後は、主に以下のどれかのパターンになると思います。

  1. そのまま無職・ニートになる
  2. フリーターになる
  3. 結婚して専業主婦になる
  4. 違う保育園に転職する
  5. 保育士以外の仕事に転職する

1と2は特別な理由がない限りは避けたい道ですね。心身ともに衰弱してしばらく休みたいということであれば休養期間を設ける事も大切ですが、あまり長引くと今後の就職に影響するので気を付けたいところです。

3は結構多いパターンだと思います。元々お相手がいる人なら退職を結婚のきっかけにすることもありますし、仕事を辞めたいから結婚するため婚活に励むという人もいるでしょう。

結婚しても専業主婦になれるとは限りませんから、結婚の際に退職するかどうかはパートナーとの話し合いが必要です。ただパートで働くくらいでOKというケースは多いでしょうから、それなら保育士じゃなくてもいいので保育士の仕事は辞められますね。

4は違う保育園に転職ですから、結局保育士の仕事は続けるという選択になります。今の不満が保育園のせいだとしたら、違う保育園に移るだけで問題解決となるかもしれません。これなら保育士の仕事を続けられるしキャリアも継続できるので、本来ならこの形が理想ですね。

特に人間関係が一番の悩みだとしたら、人間関係がリセットされるのでこの転職は有効的だと思います。ただ女性が多い職場ということは変わりないので、そもそも女社会が苦手という方は根本的な解決にはなりません。

給料や残業の多さが原因なら、企業内保育士や院内保育士に転職することで待遇改善が期待できます。ただし求人は少ないですし、保育園に比べて小規模で行事も少ないのでやりがいを感じられないという声もあります。

そして5は保育士以外の仕事への転職です。保育士はもういい、違う仕事がしたいという方はこの選択肢を選ぶことになりますね。

仕事を辞めたいと思っている保育士さんの多くは、この異業種・異業界への転職をお考えになっているのではないでしょうか。

保育士から異業種転職なんて出来るの?

保育士の仕事に未練がある方もそうでない方もいると思いますが、保育士の働く環境や待遇の改善を望むなら、やはり保育士以外の仕事に転職するのが一番確実です。

とはいえ保育士経験しかない方からすると、今から保育士以外の仕事になんて転職できるのかな…と不安になりますよね。できるものならしたいけど、どうせ無理だろうから結局保育士を続けているという方もいるかもしれません。

保育士から異業種への転職は、今の年齢にもよりますが、まだ20代であれば十分可能です。30代以降で保育士経験しかない方は正社員での転職は難しいかもしれませんが、派遣ならチャンスはあると思います。

20代という若い世代の市場価値は高いですから、20代は転職しやすい時期なんです。ただしどんな企業にも転職できるという事ではなく、転職を成功させるには求人選びが重要になります。

ではどんなところに気を付ければいいのかというと、20代の若い世代を欲しがっていて、未経験でも歓迎してくれる企業を選ぶという点です。

通常中途採用では経験者が優遇されますから、未経験者は不利なんです。なのでそういった企業に応募してもなかなか採用してもらえません。しかし未経験歓迎の企業なら経験を問われませんから、やる気さえあれば採用を検討してもらえます。

そしてそうした企業はブラック企業でもない限り入社後もしっかり研修・教育してくれますから、未経験でも安心して働き始めることができるでしょう。

ですから保育士から異業種転職、つまり未経験での転職をするつもりなら、20代の未経験者歓迎の企業を探してみましょう。

こうした企業からの求人を探すなら、20代向けの就職支援サービスを利用するのがおすすめです。20代・未経験者向けの求人を数多く扱っているので、ハローワークの膨大な求人の中から探し出すよりも効率的です。

マイナビジョブ20’s

は20代・第二新卒者向けの転職支援サービスです。第二新卒に強いということで特に25歳以下の人におすすめですね。第二新卒歓迎の求人を中心に、20代向けの求人を豊富に扱っています。

転職業界大手のマイナビグループなので、良質な求人が豊富です。大手の安心感もありますね。

  • DYM就職
  • ハタラクティブ
  • 就職shop

は20代のフリーター・第二新卒・既卒向けの求人を扱う就職支援サービスで、未経験OKの求人ばかり扱っています。

求人紹介の他に面接対策などの就活サポートも受けられるので、新卒の時以来就活をしていないという方にもぴったりです。

さらにDYM就職と就職shopでは書類選考無しで面接を受けられるため、職歴や学歴じゃなく中身を見て判断してもらえます。これなら未経験でも応募しやすいですね。

こうした就職支援サービスは無料で利用できますから、仕事探しの際はぜひ活用することをおすすめします。

退職する時は後先を考えて行動しよう

「仕事を辞めたい!」と思ったら衝動的に辞めたくなってしまうかもしれませんが、次の仕事の事も考えておかないと最悪の場合路頭に迷ってしまうことになります。

貯金があるから大丈夫という方も、生活は当面の間何とかなったとしても、無職期間が長くなるとその分職歴が空白になってしまいます。空白期間が長い程転職の際不利になりますから、そういった職歴の事も考えなくてはいけません。

そして保育士の場合、そもそも急に辞めるということが非常に難しいですよね。年度末までは続けるというのが暗黙のルールとなっていますから、年度途中で辞めるとなると周りに大変な迷惑を掛けてしまいます。

仕事を辞めて違う仕事に転職するにしても結婚するにしても、辞める時期や辞めた後の事はしっかりと考えてから行動に移してくださいね。