保育士の退職理由

多い、保育士 退職理由


保育士の仕事は楽しいだけじゃない…

保育士の仕事を辞めたい、違う仕事に転職したいとお考えの保育士さんは多いと思います。

保育士の仕事は子供と一緒に遊んだり、かわいらしい姿を見て癒される楽しい仕事だと思われがちですが、実際に働いてみると色々とあるんですよね。

もちろん今言ったような楽しい部分もあるんですが、それ以上に苦労も多いと思います。だからこそ保育の現場を離れる保育士さんも多いのでしょう。

では、実際に退職・転職をした保育士さんは、具体的にどんな理由があって保育士の仕事を辞めることを選んだのでしょうか。

保育士の退職理由で多いのは?

給料が安いから

給料の低さを理由に保育士を退職する人は非常に多いです。

保育士の平均給与は300万円前後。地域による格差も大きく、北海道や沖縄などの地方では正社員でも手取り12万という事も珍しくありません。全体を見ても手取り15万以下という人が半数以上となっているようです。

さらに保育士の場合、入社してからほとんど昇給しないという声が多いのも特徴です。頑張って働いているのに10年経っても新卒入社時とほぼ変わらないお給料ではモチベーションも上がりませんよね。

給料が低いと貯金も出来ないし、もしかすると一人暮らしさえ出来ないかもしれません。実際、お金が無くて実家から出られないという保育士さんも少なくないかもしれませんね。

このように給料が安いという理由で退職・転職を考える保育士さんはとても多いんです。

ただし公立保育園と私立保育園では待遇に差があり、一般的に公立保育園の方が待遇が良いと言われています。東京の公立保育園で働く保育士の中には年収600万越えという人もいます。

ですから給料の低さを理由に退職する人の多くは私立保育園勤務の保育士さんだと考えられます。

人間関係の悩み

人間関係の悩みを理由に退職・転職する保育士さんもたくさんいます。どんな仕事をしていても人間関係の事で悩む人は少なくないですが、保育士の職場では特に多いようです。

その原因はやはり保育士の世界が女社会だからでしょう。アパレル然り、看護師然り、女性が集まる業界では人間関係の悩みが付きものです。

  • 仲が良いと思ってた人に陰口を言われる
  • その日の気分で全然態度が違う
  • 先輩のご機嫌取りが大変
  • 話し掛けても無視される
  • 園内に派閥争いがある

など、女性が多い職場ではどうしてもこういった「特有の悩み」が出てきますね。

ただでさえ仕事が忙しいのに、人付き合いの悩みまで増えるとかなりのストレスになります。中には連絡事項を教えてもらえなかった、といった業務に支障の出るような陰湿な嫌がらせを受ける場合もあります。

さらには保護者との関係も保育士を悩ませる問題の一つです。無茶な要求をしてきたり、ネチネチ嫌味を言われたり。保護者と顔を合わせる時間が一番苦痛という保育士さんも少なくないのではないでしょうか。

人間関係の悩みは「仕事辞めたい」に直結しやすい問題です。そのため他の理由に比べ、我慢できなくなって突発的に辞めてしまうケースも多いです。

特に職場でいじめにあっている場合は今すぐにでも辞めたいと思うのではないでしょうか。

仕事が忙し過ぎる、サービス残業が多い

今保育士は人手不足ということもあって、一人あたりの業務量が非常に多くなっています。

子供達に付き添うだけでなく、日案、週案、月案などの事務作業や行事の準備、保護者への連絡ノートの作成など、やらなくてはいけないことが山ほどあります。

時間内に終わらなければ当然時間外にやらなくてはいけないのですが、残業代が出ないサービス残業になる保育園も多く、また自宅持ち帰りとなる事もよくあります。

そんな激務でありながら、保育士には子供の命を預かるという責任の重さものしかかってきます。体力面・精神面の両方で負担が大きいんですね。

それなりに給料をもらっていてこれならまだ我慢できるのかもしれませんが、給料が安いのに負担ばかり大きい、給料額が仕事に見合っていないと感じる人が多いようです。

結婚・妊娠・出産

保育士の退職理由というとまず給料の低さや人間関係の問題を思い浮かべる事が多いと思いますが、実際には結婚や妊娠を理由に退職する人もたくさんいます。

結婚を機に寿退社する女性はどの業界にもいますが、女性が多い保育士の業界ではその数も多いということですね。

ただ、他の業界では結婚後も仕事を続ける女性も多いですが、保育士の場合は仕事を続けずに退職や異業種転職をする人が多いという事情も関係していると思います。

つまり、多くの保育士さんが「結婚後も保育士の仕事を続けるのは無理」と考えているという事になります。

確かに保育士の仕事は残業も多いので正社員で働くなら家庭との両立は難しい部分がありますし、急な休みや遅刻・早退に対応できる体制が整っていないとなれば子育てとの両立も厳しいです。

それに保育士の仕事は体力的にもハードですから、妊娠中に関しても妊婦に働きやすい職場とは言えないですよね。安全面を考えたら現場で働くのは控えたいと思うのではないでしょうか。

また、子供が小さいうちは自分の子供を最優先に考えてあげたいと思う保育士さんも多いのかもしれません。自分の子供をよそに預けて保育園で他の子供達の面倒を見るのはどうなの?と感じてしまうのかもしれませんね。

とはいえ保育士は子育てが落ち着いてきた30代後半~40代以降でも再就職しやすいという珍しい職業でもありますから、一旦退職して子育てに専念して、一段落したら復帰しようと思っている保育士さんもいるとは思います。

男性保育士に多い退職理由

保育士の中には男性の保育士もいます。保育士の世界では少数派である男性保育士は、どんな理由で退職を考えるのでしょうか。

基本的には上記で挙げた理由と共通していますね。給料の低さは生活を支える男性にとっては致命的ですから、結婚を考えた時に転職を考えることが多いようです。

また人間関係に悩む男性保育士も多いです。女社会の中で生き抜くのは女性以上に大変なのでしょう。

あとは男性ならではの理由として、

  • 力仕事など任される仕事が女性より多い
  • 保護者から理解してもらえない
  • 同性の同僚が少ない
  • 男性保育士が働く環境が整っていない

などもあります。

女性ばかりの職場に男性がいると、力仕事などで頼りにされることが多くなります。たまにならいいのですが、そういう事がしょっちゅうあると、普段の業務に加えて自分だけ仕事が増えることになり、負担が大きくなります。

また、まだまだ男性保育士は少ないため、トイレや更衣室の問題などで男性が働く環境が整っていないケースもよくあります。こうした事がストレスとなることもあるでしょう。

そしてこれは男性保育士にとって避けられない問題ですが、保護者の中には男性保育士による女の子の着替え介助や抱っこ等を嫌がる人がいます。

男の子のママ達には概ね好意的に受け入れられている男性保育士ですが、女の子のママからすると色々な意見があるようで、中には男性保育士の存在に否定的な人もいます。

実際に「オムツ交換や着替えの手伝いは女性保育士にしてほしい」と言ってくる保護者もいますから、こうした事が保育士を辞めたくなる理由になったという男性保育士の方は少なくないと思います。

異業種転職するなら早いうちに決断して!

保育士に多い退職退職理由をご紹介しましたが、「うん、分かる分かる!私も同じことで悩んでる!」と共感できるものもあったのではないでしょうか。

保育士さんの悩みはある程度共通しています。なので退職理由もみんな似通ってくるんですよね。

もし今の悩みがとても深く、このまま保育士を続けていくのは無理かも…と思ったのなら、体を壊してしまう前に転職を検討しましょう。

異業種へ転職するのであれば若い方が有利です。この先ずっと保育士を続けていく気がないのであれば、なるべく早いうちに見切りをつけて転職してしまいましょう。

その方が選択肢も広がりますし、より良い条件で転職できるはずです。未経験の職種に転職するなら20代のうちが勝負ですよ。

第二新卒として他の業界に転職するのなら、

マイナビジョブ20’s

のような20代・第二新卒者向けの転職支援サービスの利用がおすすめです。第二新卒者を歓迎してくれる企業からの求人が豊富に見つかりますよ。

マイナビグループならではの良質な求人情報を入手できるのも魅力です。

他にも、

  • DYM就職
  • ハタラクティブ
  • 就職shop

といった20代の第二新卒・既卒・フリーター向けの就職支援サービスもあります。こちらも手厚い就職支援が受けられますし、未経験OKの求人がたくさん見つかります。

DYM就職、就職shopは書類選考が無いので、保育士経験しかない方でも未経験の仕事にチャレンジしやすくなっています。

これらの支援サービスはすべて無料で利用できるので、異業種転職を考えた際には気軽に相談してみてください。在職中でも登録できますよ。