新卒保育士
保育士辞めたい!転職したい > 保育士辞めたい > 新卒だけど保育士を辞めたい

新卒だけど保育士を辞めたい


新卒で就職したばかりなのにもう辞めたい

学校を卒業してから新卒で正社員として保育園で働き始めたけれど、もはや辞めたくなってしまったという新人保育士さんもいるでしょう。

しかし新卒で入ってすぐ辞めるというのは勇気が入りますよね。辞めたい気持ちは強くても、実際辞めるとなると今後の事を考えたら怖くて簡単には辞められないと思います。

それにせっかく保育の道を選んでここまでやってきたというのもあるので、簡単に辞めてしまうのはもったいないという気持ちもあるのではないでしょうか。

新卒という時期は一度しかありません。今後再就職するにしてももう新卒ではないため、勤務歴が短く経験の浅い保育士に良い転職先はなかなか見つからないんじゃないかと…いう不安もあると思います。

そして就職したばかりで退職するとなったら、きっとご両親からも反対されると思います。「まだ早すぎる」「とりあえずもうちょっと頑張ってみなさい」などと言って引き止められるでしょう。

「もう大人なんだから親の意見は関係ない!」と思うかもしれませんが、少なくとも今までの学費を払ってもらったのであれば、言う事に従うかどうかは別にしても話を聞くぐらいの義理はあるのではないでしょうか。

こうしたこともあって、「本当は今すぐ辞めたいけど我慢するしかないのかな、でももう本当に辞めたいんだよな…」と毎日葛藤している新卒保育士さんは少なくないと思います。

新卒保育士が仕事を辞めたくなる理由

入ったばかりの新卒保育士が保育園を辞めたくなるのには、どんな理由があるのか考えてみます。

想像と違った

保育士の仕事に対するイメージといえば、一般的には

  • 毎日子供達と遊べて楽しそう
  • ほのぼのとしてる
  • みんな仲良さそう

こんな感じですよね。

しかし実際は、

  • やることが多すぎてゆっくり子供と遊ぶ時間がない
  • 忙し過ぎて殺伐としてる
  • 女同士ギスギスしている

こんな感じで、思っていたのとかなり違っていたのではないでしょうか。

実際に働いてみないとわからないことはたくさんあります。保育士の場合はとにかく忙しく、想像より何倍もの業務量があったのではないでしょうか。

こうした理想と現実のギャップに苦しみ、早期に退職していく保育士は後を絶ちません。

自分に保育士の仕事は向いてないと感じる

いざ保育士として働き始めたものの、

  • 子供が全然言う事を聞いてくれない
  • 子供に対してイライラしてしまう
  • 不器用で作品を上手に作れない
  • ピアノや歌が上手くない

など、働くうちに「自分にはこの仕事向いてないのかも」と感じることもあると思います。

その際に向いてない仕事を無理に続けるよりはもっと自分に向いている仕事を探した方が良いということで、異業種への転職を検討するのでしょう。

新卒のうちから向き不向きを理由に辞めるというのは、その見極めが早いという事ですね。

思ったより楽しくなかった

保育士の仕事は楽しそうと思っていたのに、実際に働いてみると思ったより楽しくないと感じる保育士さんもいます。

最初のうちは覚えることも多いし慣れないからなかなか楽しめないということはありますが、それを抜きにしても保育士の仕事自体に面白さを感じないということですね。

自分は子供好きだと思っていたけど実はそうでもなかった、子供をあまり可愛いと思えなくなったという保育士さんもいるので、そうなると「なんか思ったより楽しくない」となるのでしょう。

人間関係が上手くいかない、職場に馴染めない

園内の人間関係に悩まされる保育士さんはとても多いです。

先輩保育士や園長が冷たくてそっけない、仕事を教えてくれないといった事もあるでしょうし、同期の保育士と上手くいかないという方もいるかもしれません。

職場の人間関係は社会人なら誰でも一度は悩まされたことがあるものですが、保育士は女社会ということで特に苦労する人が多いんですよね。

クセのある先輩も慣れて仲良くなれば実は良い人だった…というパターンは結構あるのですが、新卒で入ったばかりだとそんなところまでは分かりません。

それに残念ながら新人が入る度に新人イジメをするような保育士もいるので、そんな先輩が居ては辞めたくもなるでしょう。

保護者対応が上手くできない

保護者の対応も保育士の大事な仕事の一つです。しかしこれがまた色々苦労するんですよね。

子供のお世話は楽しいしそれなりに出来ていると思うけど、保護者対応が全然上手くできなくて…という保育士さんも多いです。

保護者の中には理不尽なクレームをつけてきたり、何でもかんでも文句を言ってくる人もいます。特に新人保育士には強く出てくるという人もいます。

毎日保護者と顔を合わせるのが苦痛でしょうがない、毎日ビクビクしながら顔色をうかがうのはもう嫌、ということで辞めたくなる新卒保育士さんも少なくないと思います。

給料、残業など待遇に不満がある

給料や残業、休日数などの待遇面は入社前から情報は入っていると思いますが、実際働いてみたら最初の話と全然違った、というケースも珍しくありません。

そんなことがあると「騙された!」と感じて辞めたくもなりますよね。

また求人票との差異はなく自分で納得の上で入社した場合でも、やっぱり働いているうちにだんだん嫌になってくることもあると思います。

最初は保育士の仕事ができるなら多少給料が安くても残業があってもいいと思っていても、給料が少なくて遊びに行けない、そもそも残業ばかりで遊びに行けない、といったことがあると、次第に仕事のやりがいだけじゃやっていけないと思うようになることもあります。

やっぱりお金は大事ですし、残業や休日もプライベートを大切にしたい人やゆっくり休む時間が欲しい人にとっては非常に重要です。

実際に経験してみないと分からないこともあるので、「やっぱりもっと待遇の良い仕事がしたい」と考えが変わったとしても何らおかしくはありません。

新卒で入った保育園を1年以内に辞めるのは早すぎる?

このように、新卒で働き始めた保育士には辞めたくなる原因となるようなことがたくさんあります。

実際、入園一年以内に辞めたいと思ったことがある保育士はたくさんいると思います。というよりも、ほとんどの保育士さんは一度くらいは辞めたいと思った事があるのではないでしょうか。

しかしそれでも新卒で入ってすぐ辞める人が少ないのは、やはりそのタイミングで辞めるのは早すぎるということで大半の人は思いとどまるからです。

ほんの数ヶ月働いたくらいでは、保育士の何たるかを知ることなんて出来ません。業務だって最初は新人に出来ることからスタートし、徐々に責任の重い仕事や難しい仕事を任されるようになるものです。

例えば料理人の見習いも、最初は皿洗いや雑用をこなす下積みから始まります。実際に包丁を握らせてもらうのは入ってから数年後という所もあります。

それを、まだ皿洗いしかしていない段階で「料理人なんてつまらない、全然面白くない」というのはおかしいですよね。まだ料理すらしていないのに料理人の面白さが分かるはずがありません。

保育士はそこまで長い下積みを積まされることはないですが、それでも新卒で入ってすぐ辞めるというのはこれと同じようなものです。

ですから、今の段階で保育士の面白さややりがい、また向き不向きを判断するのは早すぎるということです。

できれば3年、せめて最低でも1年は働いてみないと保育士の仕事の良さも悪さも分からないと思いますよ。

早すぎる退職は再就職にも響く

早すぎる退職は、今後の再就職にも大きく響いてきます。

正直、辞めたくても1年は続けようと頑張る人のほとんどがこの事を考えているから我慢しているのだと思います。それくらい短期間での退職というのは大きな影を落としてしまうんですね。

基本的に、職歴というのは一つの会社で長く続けていればそれだけ採用担当者の印象は良くなります。逆に、短い職歴がたくさんある「職を転々としているタイプ」は印章が悪くなります。

なぜなら同じ会社で頑張っている人ほど、

  • 忍耐力がある
  • 責任感がある
  • 協調性がある

というイメージがあり、逆に職を転々としている人ほど

  • 忍耐力がない
  • 責任感がない
  • トラブルメイカー

というイメージがあるからです。

今は終身雇用の時代でもなくなりましたから、新卒で入って20年も30年もずっと働くのは難しくなってきましたし、一か所で長く続ければ続けるほど良いという価値観も変わってきました。

それに転職に対するネガティブなイメージも薄れたので、数年働いてはキャリアアップの為に転職を繰りかえす人も増えています。

しかしこれはあくまでキャリアアップという明確な目的があっての転職だから許されることであり、あきらかに「嫌だから」という理由ですぐに辞めた人に対しては厳しい目を向けられます。

新卒で入って1年以内にキャリアアップのために辞めるなんてのは通常ありえませんから、勤め先が閉園したとか病気で療養が必要になったといったようなやむを得ない理由でもない限り、ネガティブな印象を与えてしまうことは避けられません。

そして次もまた保育士に転職するとしても、勤務年数が1年未満だと経験者として扱ってもらえるかどうかも微妙です。

経験者であれば転職に有利になりますが、そうでなければ経験者として優遇されることもなくなり、再就職のハードルが上がります。

ですから経験者として転職できるようにするためにも、最低でも1年は続けた方が今後のためです。

本当にもう限界なら1年未満で退職しても大丈夫

とはいえどうしても辞めたいのに限界を超えてまで頑張るというのもあまりおすすめはできません。

いくら1年は続けた方がいいとは言っても、無理しすぎては精神的な負担が大きくなり、ストレスにより体を壊したり、うつ病を発症してしまう可能性もあります。

一番大切なのは自分自身ですから、本当に無理だと思ったら自分のために仕事を辞める選択をする必要も出てくるでしょう。

新卒で辞めてしまっては今後の転職が厳しくなるのは確かですが、それでももう転職できないという事ではないですし、当然ながらここで人生終了なんてことにはなりません。

事情を話せば短期退職歴があっても採用してくれる保育園も見つかると思いますし、異業種に転職するにしても転職先は見つかるはずです。

フリーターやニート、引きこもりといった状態から正社員経験ゼロでも正社員就職に成功する人もいますから、就活の方法を工夫すれば再就職のチャンスはいくらでもあります。

ですからできれば1年~3年は続けた方が今後色々と楽になりますが、もう無理、もう続けられないということであれば、1年未満でも退職を検討した方がいいかもしれません。

どちらにせよ、後から後悔しないようによく考えてから結論を出すようにしてくださいね。