保育士の資格を活かして転職
保育士辞めたい!転職したい > 保育士辞めて転職 > 保育士の資格を生かした仕事へ転職

保育士の資格を生かした仕事へ転職


保育士から異業種に転職したい理由は?

異業種に転職したいと思っている保育士さんは、何が原因で転職をお考えになっているのでしょうか。

保育士の退職理由で多いのは、

  • 給料の安さ
  • 忙しさ(残業の多さ)
  • 人間関係

主にこの3つです。これらの事が原因で転職したいと思う人が多いんですね。

一方、保育士の仕事自体が嫌で退職する人は少ないです。むしろ本当は保育士の仕事を続けたいと思っているけれど、やむなく辞めるという人が大半なのではないでしょうか。

保護者との関係が嫌で辞めたいという保育士さんはいるかもしれませんが、それでも子供は好きだから子供と関われなくなるのは辛いと思っているのではないでしょうか。

つまり、保育士から転職したいのは保育士の待遇や職場の人間関係に原因があるのであって、保育の仕事自体が嫌になって辞める人は少ないと思うんです。

それなら違う保育園に転職してまた保育士として働けばいいんじゃないかとも思いますが、それだと退職の原因となった給料の安さや残業の多さは解決できない可能性が高いんですよね。

人間関係に関しては保育園ごとで違う人間が働いている訳ですから、違う園に行けば状況が改善される可能性はあります。しかし給料や残業に関してはどこの保育園も似たようなものですから、多少良くなる事はあっても劇的な変化は期待できません。

そうした事もあって、次は保育士以外の仕事に転職しようと思っているのだと思います。

保育の仕事や子供と関わる仕事は好きだけど保育園では働きたくないということであれば、保育士の資格を活かして働ける仕事を探してみるのはいかがでしょうか。

保育士の職場は保育園だけではありません。また、子供と関われる仕事は保育士だけではありません。

保育園で働いていた時よりも労働環境は良くなって、なおかつまた子供と関わる仕事なら、まさに保育士にとって希望通りの転職先になるのではないでしょうか。

保育士の資格・経験を活かして働ける仕事

企業内保育士

企業内保育士とは、社員の子供を預かるために企業に設置された保育所で働く保育士の事です。

企業内保育士も保育士なので異業種転職ではありませんが、勤務先が一般企業となるので働く環境や待遇は大きく変わります。

企業内保育士は勤務先の企業の従業員となるので、給料や休日も勤め先の企業により決まります。ただ保育所を設置しているのは従業員が多い大企業や景気の良い企業が多いですから、保育園勤務に比べて良い待遇であることが多いです。

仕事内容は基本的に通常の保育士と同じですが、行事は少ないので行事の準備をしなくていい分仕事量は少なくて済みます。

大規模な保育園のようにワイワイ賑やかな感じはなくて物足りなく感じるかもしれませんが、待遇の良さやゆったりと働きやすいことから保育士から人気のある職場となっています。

会社の経営状況により保育所が閉鎖される可能性もあることや、そもそも保育所のある企業自体がさほど多くないため求人数が少ないことには注意が必要です。

商業施設内託児所の保育士

企業保育士と同じくこちらも保育士ですが、デパートやショッピングモールに設置してある託児所で働くという選択肢もあります。

給料は勤務先となる企業によって異なること、行事等がなく残業が少なくて済むというのも企業内保育士と同じです。

商業施設の他に病院の院内託児所もありますね。他にも託児所のある場所なら保育士の求人が見つかります。

保育園の給料の低さや仕事量の多さが嫌、人間関係が煩わしいと思っていた保育士さんは働きやすく感じるのではないでしょうか。

ただし正社員求人もあるものの、主にパートでの募集が多いです。

施設保育士

保育園ではなく、児童福祉施設(児童養護施設・乳児院・知的障がい児通園施設・児童家庭支援センターなど)で働くという選択肢もあります。

施設保育士の仕事内容は子供のお世話をするという点は一般の保育士と一緒ですが、児童福祉施設には入所施設もあるため、シフト制で遅番や夜勤がある事もあります。

また児童福祉施設では心のケアが重要となるため、そうした所も通常の保育士とは異なる点でしょう。

給料については保育園と比べて大幅アップという訳にはいかないかもしれません。

保育園よりももっと親密に子供達と関わりたい、自立のサポートをしたいといった想いがある方にはおすすめの職場です。

ベビーシッター

ベビーシッターとして働くのは保育士の資格は必要ありませんが、保育士の経験を活かして働けます。

保育園だとどうしても一人一人の園児に割ける時間が少なくなってしまいますが、ベビーシッターなら一人の子供とじっくり向き合う事が出来ます。

また基本的に一人で仕事をするため、保育士同士の人間関係に悩むことはありません。保育園での人間関係が苦手という方でも働きやすいでしょう。

ただし依頼者の自宅で働くことになるため、物品の破損や紛失には気を配らなくてはいけません。

幼児教室の先生

幼児教室とは、小学校入学前の幼児を対象に様々な教育を行う教室のことです。早いうちから英語やピアノに触れることで慣れさせたり、遊びを通じて表現力を養う、集団生活のルールを身に付けるといった事が目的です。

こうした幼児教室では保育士資格を持った人は歓迎されます。「研修があるので保育士資格があればOK!」という求人も多いので、保育士からの転職先としては狙い目です。

教室のある場所も駅前やショッピングセンター内など通いやすい場所が多いというのも魅力ですね。

ただやはり給料面では保育園とさほど変わらないくらいの所が多いです。

キッズアパレル店員

これまでの仕事とはがらっと変わりますが、子供と触れ合えるという点では子供服売り場の店員というのも選択肢に入るのではないでしょうか。子供向けのアパレルブランドも結構ありますよね。

元保育士なら子供もその親に対しても扱いが慣れていますから、販売員として働く際にも保育士時代の経験は存分に活かせると思います。

アパレルも保育士と同じく給料が安いと言われる業界ですから、高給与を期待するのは難しいです。ただインセンティブがあるブランドであれば、売れば売るだけ給料がアップします。自分の頑張りが給料に反映するのは保育士にはないやりがいとなりますね。

保育士は普段売上を意識することがないので、販売職のシビアに売上を追及する考えに慣れるまでは大変かもしれません。

介護士

人の介助をするという繋がりから、介護士の仕事も保育士の経験を活かせる仕事だと思います。

介護士は高齢者の生活介助を行うのが仕事です。子供のお世話から高齢者のお世話に変わるという訳ですね。

保育と介護、それぞれ大変な仕事ですが、人のサポートをするという点では双方にやりがいがありますし、両方経験したことのある人からは保育士の方が大変だったという意見もあるようです。

保育士と介護士の最大の違いは夜勤の有無ですね。介護施設はデイサービスなどの日中のみの施設を除き24時間体制で運営していますから、シフト制で夜勤もあります。

給料では保育士も介護士もあまり変わらない、もしくは介護士の方がやや低くなってしまうかもしれませんが、介護職の方が交代制で働く分残業は少なく、仕事量は少なくなったと感じるのではないでしょうか。

保育園以外にも保育士経験を活かせる職場はある!

このように、保育園以外にも保育士の資格・経験を活かして働ける職場は結構あります。上記以外にもまだあるのではないでしょうか。

異業種へ転職しようと思っていた保育士さんも、保育園以外の職場に目を向ければ保育士のままで今より働きやすい職場が見つかるかもしれません。

給料面で言うと企業内保育士が狙い目ですね。大企業からの求人が見つかれば保育園より良い待遇で働けると思いますから、異業種への転職の前に一度求人に目を通してみるといいでしょう。

今回ご紹介した仕事では、企業内保育士以外は今より給料大幅アップを狙うのは難しいかもしれません。ただ働きやすさであったり、人間関係の悩みから解放されるという点では検討の価値は十分にあると思います。

それに全くの畑違いの仕事に転職するにしても、キッズアパレル販売員のような子供と繋がりのある仕事を選んだ方が慣れない仕事でも少しは働きやすいですし、なにより保育士の経験を活かせるという充足感もあると思います。

なるべく保育士の経験を無駄にしたくない、保育士に近い仕事を選びたいという方は、今回ご紹介したような保育士の経験を活かして働ける仕事から転職先を探してみてはいかがでしょうか。