保育士からの転職先
保育士辞めたい!転職したい > 保育士辞めて転職 > 保育士を辞めた後の転職先

保育士を辞めた後の転職先


「子供が好き」だけじゃやっていけない保育士の仕事

保育士の職に就いている方は「子供が好きだから」という気持ちでこの道に進んだのだと思いますが、実際に保育士として働いてみると、好きという気持ちだけじゃやっていけないこともありますよね。

勤務時間中は休憩なしでひたすら園児の相手をして、日中できなかった仕事は子供達が帰った後に取り掛かり、それでも終わらなかった分は自宅に持ち帰り。行事前は特に忙しくなり、休みの日まで仕事をしなくちゃいけない状態の時もあります。

さらに職場の人間関係は女性が多い世界というのもあって上手くいかないことが多い上、保護者とも良好な関係を築かなきゃいけない。

こんなストレスフルの職場にいては、心身ともに衰弱していってしまいますよね。

しばらくは子供のかわいさや仕事のやりがいを理由に何とか頑張っていけますが、それも仕事のストレスが限界まで達した頃にはそうした理由だけでは気持ちを支えきれなくなってきます。

そんな状態になってもまだ頑張り続けてしまえば、結果的に体調を崩して病気を引き起こしてしまったり、精神的に病んでしまうこともあるでしょう。

実際、保育士はうつ病になってしまう人が少なくないようですし、それだけ大変な仕事ということなんですね。

保育士からキャリアチェンジする人はどんな仕事に就いてる?

このように色々とハードな保育士ですから、途中で転職して他の道に進む人も少なくありません。

では保育士から異業種にキャリアチェンジする人は、どんな仕事を選んでいるのでしょうか。

保育士の経験を活かせる仕事

転職する時は前職を活かせる仕事を選ぶ人が多いですから、保育士の場合も保育士経験を活かせる仕事に転職する人が多いです。

保育士の仕事が辛すぎて辞める保育士さんも、保育という仕事自体は嫌いじゃないという場合が多いです。辛いのは仕事量が多すぎる保育園での勤務であって、子供好きという気持ちは変わらないということですね。

保育に関連した仕事なら保育士として働いてきた経験を活かせるので働きやすいですし、採用の際も有利になります。

保育士経験を活かせる仕事・職場としては、

  • 企業内保育士、院内保育士
  • ベビーシッター
  • 子供塾、幼児スクールの講師
  • 託児所
  • キッズアパレルショップの店員
  • 小児歯科の助手

などがあります。

ちなみに企業内保育士などは保育士経験を活かせる、というよりも保育士そのものではありますが、保育園でずっと勤務してきた保育士にとっては仕事量が少なく働きやすいです。

保育士の仕事が嫌いじゃなく保育園で働くのが嫌だったという方なら転職を検討する価値はあると思います。

事務職

保育士は圧倒的に女性が多いですから、女性から人気の高い事務職も転職先としてよく選ばれています。

それに、事務の仕事は保育士から見て魅力的に感じる部分が多いというのも大きな理由の一つとなっていると思います。

具体的には

  • 定時で帰れる
  • 休憩も取れないほど忙しくなさそう
  • デスクワークで体力的に楽
  • メイク、髪型、ネイルなどキレイにできる
  • 男性との出会いもありそう

といったような点ですね。どれをとっても保育士とは逆といってもいいのではないでしょうか。

販売職

保育士から販売系などの接客業に就く人も多いです。

販売職の場合、転職のしやすさが一番の理由かもしれません。この仕事は求人が多く、また未経験でも比較的採用されやすいという特徴があるからです。

あとは保育士の仕事で身に付いたコミュニケーション能力を活かせるというメリットもありますね。

保育士は子供相手の仕事ということもあって「明るく元気に」が基本ですし、かといって子供だけではなく保護者とのやりとりもあるので大人相手の対応にも慣れています。

保護者対応はある意味接客と一緒ですから、こうした業務で培ってきたスキルは販売の仕事でも大いに役立てられます。

介護職

介護の仕事は保育士と同じく人手不足の業界なので、求人数は非常に豊富です。

資格は無くても働けますが、取得するのもさほど難しくはないのでスクールや職業訓練に通って資格を取ってから就職する人も多いです。

介護はキツイというイメージがあるかもしれませんが、仕事の本質は保育士と共通するものがあるのでそこまで戸惑うこともないのではないでしょうか。

それに意外と残業も少なく持ち帰りの仕事などもないため、プライベートの時間は十分に確保できます。

また給料に関しても、給与水準は決して高くはないものの、施設によっては夜勤もあるため夜勤手当を含めると思ったよりもらえると思います。

ITエンジニア

IT系は保育士とは全く畑違いの仕事ですが、この業界も人材不足であることと、スクールや職業訓練など学ぶ場がたくさんあるので未経験からでも始めやすいということもあって、転職先に選ぶ人は多いです。

全くの未経験から入社できる会社もありますが、やはり多くは最低限の知識を持った人を募集しています。ただ業務未経験でもOKというところは結構あるので、スクールや職業訓練に通えば就職先は見つかりやすくなるでしょう。

保育士から異業種に転職できるのか心配

現在20代の保育士さんは保育系の学校を出て新卒で就職した方が大半だと思いますので、その場合はこれまで保育士の仕事しか経験がないことになります。

そのため「保育士経験しかない自分に他の仕事なんてできるのかな?」と不安に思うかもしれません。

確かに転職では経験が重要とよく言われます。経験者を優先的に採用しようと考える企業が多いので、未経験者は不利になってしまうんですね。

つまりまた保育士に転職するなら経験者として有利に進められますが、保育士以外の仕事に転職するなら未経験扱いになるので不利になるという訳です。

しかし、実際には必ずしも経験者有利の求人ばかりとは限らず、求人の中には未経験OKの求人もあります。そうした求人を見つけることができれば、保育士経験しかなくても異業種の仕事に就くことは出来ます。

ですから保育士から異業種に転職したいなら、未経験可の求人を探すというのがとても重要になってきます。

未経験OKの転職先を見つけるには

求人全体で見ると未経験OK・未経験歓迎といった求人は少数派です。しかし探し方を工夫すれば、数多くの未経験OK求人を見つけることができるようになります。

ではどうやって探すのがいいのかというと、20代の若年者向け転職エージェントを利用する方法がおすすめです。

20代、またサービスによっては30代前半の方であれば、若年者向けの転職支援サービスを利用できます。

20代の人はまだ職歴が少ないので、転職するにしても未経験となるケースが多いです。そのため若年者向けのエージェントでは未経験OKの求人を数多く扱っているんです。

さらに第二新卒やフリーター、既卒者向けのサービスともなれば扱う求人のほとんどが未経験OKのものとなっているため、未経験可の求人を探すにはまさにうってつけなんです。

そして転職エージェントですから当然求人紹介以外にも様々なサポートを受けられます。面接対策などは転職慣れしていない方にとっては助かりますよね。

ということで、転職の際はぜひこうした20代向け転職支援サービスを活用することをおすすめします。

20代の第二新卒・既卒・フリーター向けの就職支援サービスなら、

がおすすめです。

中でもDYM就職、就職shopは書類選考なしというのが特徴で、書類選考なしで企業と面接できます。

保育士経験しかないと書類選考で落とされてしまうことも少なくないと思うので、こうした点は嬉しいですよね。

扱う求人についても様々な業界・業種の求人を取り扱っているので、異業種に転職したい方はもちろん、保育士に関係した仕事をお探しの方もコンサルタントに相談してみるといいでしょう。希望に合った求人があれば紹介してもらえるはずです。

こうした就職支援サービスは無料で利用できますから、転職の際はまず登録してみるといいでしょう。在職中でも登録できますよ。

保育士から異業種への転職をお考えの方は、今回ご紹介した転職エージェントを活用して未経験からの転職を実現できるよう頑張ってみてくださいね。