保育士資格を生かせる仕事
保育士辞めたい!転職したい > 保育士辞めて転職 > 保育士資格が生かせる一般企業

保育士資格が生かせる一般企業


保育士資格を生かせる転職先はある?

保育士を辞めて保育園から一般企業に転職をするなら、せっかくだから保育士の資格を生かして働きたいと思っている保育士さんもいるのではないでしょうか。

せっかく保育系の学校に進学して取得した資格ですし、次の仕事でも生かせるものなら生かしたいですよね。社会人になってから苦労して保育士資格を取得した人ならなおさらそう思うかもしれません。

一般企業の求人の中で、保育士資格を必要とする仕事、保育士の資格を生かして働ける仕事というのはあるのでしょうか。

保育士資格を持った人・保育士経験者優遇の求人

保育士資格が必須という仕事は保育士くらいなので、一般企業に転職する際に保育士資格を生かしたいなら保育士資格を持っていれば優遇される仕事を選ぶことになります。

保育士資格を持った人を欲しがる企業というのは保育に関する知識や保育の経験があって子供の扱いに慣れた人を求めていますから、保育士として働いた経験もいかんなく発揮できると思います。

ではそういった保育士資格を持つ人を優遇する企業にはどんなところがあるのでしょうか。

  • 保育士資格を生かせる仕事
  • 保育士経験者優遇

などのキーワードで求人を検索してみたところ、結構色々な求人がヒットしました。

具体的にどんな企業から求人が出されていたのかをざっとご紹介します。

学童保育施設を運営する企業

学童保育(学童クラブ、放課後子ども教室など)の指導員を募集していました。

学童保育は保育園と異なる部分もあるものの、基本的な役割は同じです。そのため学童保育で働くスタッフは保育士や幼稚園教諭の経験者が多く、保育士資格保持者や保育士経験者は優遇されます。

ベビーシッター派遣会社、託児所のある企業

保育士資格を持つ人を優遇する仕事として、ベビーシッターの仕事もよく見つかります。

ベビーシッターはベビーシッターを派遣する派遣会社の他、幼児を預かる託児所が設置されている一般企業、ショッピングモール、病院などでも採用しています。

子供服を販売するアパレルメーカー、おもちゃメーカーなど

キッズブランドを持つアパレル企業や、おもちゃを販売する企業からの求人にも保育士経験者を歓迎する文面が見つかりました。子供服やおもちゃ以外にも、子供や幼児にまつわる商品を扱う企業では保育士経験者を歓迎することがあるようです。

こうしたケースでは募集されるのは主に販売職となっています。今回は見つけられませんでしたが、中には企画職などもあるかもしれません。

保育園を運営する会社

保育園を複数運営する企業から、保育園のスーパーバイザーの募集もありました。

より良い保育園作りのために担当施設を巡回し、スタッフの指導やサポート、問題点に対する解決案の提案など、主にマネジメント業務に携わります。

こうした仕事も保育園での勤務経験を存分に生かすことができるでしょう。

幼児向けスクール、幼児教室を運営する企業

こども英会話やスイミングスクール、幼児教室を運営する企業からも、保育士資格を有する人を歓迎する指導員の求人募集がありました。

子供の扱いに慣れているのはもちろん、保護者対応でも保育士時代の経験を生かせそうですね。

「未経験でも研修があるから安心!」と謳う求人がたくさんあったので、初めてでも働きやすいのではないでしょうか。

小児歯科

一般企業ではなく病院ですが、小児歯科の歯科助手も保育士資格を持った人優遇で募集されていました。歯科助手と院内保育業務兼任というところもありました。

歯科助手なら歯科衛生士の資格が無くても働けますから転職のハードルは高くありません。保育士の資格と経験を生かして働ける良い転職先だと思います。

当然といえば当然ですが、やはり保育士資格を生かして働ける仕事となるとそのほとんどが子供にまつわる仕事になりますね。

仕事内容は保育士と似たようなものもあれば大きく異なるものもありますが、共通して言えるのは子供好きな人に最適な仕事ということです。

「もう子供に関わる仕事はこりごり!」と思って保育士を辞める人にはあまりおすすめできませんが、子供は好きだけど保育園の待遇や人間関係にうんざりという理由で転職をお考えの方にはぴったりの転職先となるのではないでしょうか。

一般企業の転職先を探すには

求人を探す際は、転職エージェントや就職支援サービスを活用するといいでしょう。

  • DYM就職
  • ハタラクティブ
  • 就職shop

は20代向けの就職支援サービスで、未経験OKの求人を数多く取り扱っています。コンサルタントに希望条件に合う求人を探してもらうことができます。

応募書類作成のアドバイスや面接対策などのサポートも行ってくれるので、転職活動が初めてという保育士さんにもおすすめです。

無料で利用できるので、とりあえず登録してどんな求人があるのかチェックしてみるのもいいでしょう。

あとは派遣で探す方法もあります。

  • テンプスタッフ
  • リクルートスタッフィング
  • ヒューマンリソシア

のような派遣会社では幅広い求人を扱っているので、希望の仕事も見つかるのではないでしょうか。

先ほど例として挙げた求人の中には正社員の募集が少ないものもあります。そうした場合は派遣で探してみるのもいいと思います。

選択肢を増やすためにも派遣の仕事も検討してみてはいかがでしょうか。

保育士から他の業界に転職するのはなかなか勇気がいることかもしれませんが、保育士と同じく子供に関係した仕事を選べば馴染みやすく働きやすく感じるのではないかと思います。

それに転職先に保育園以外の選択肢が増えれば、給料が安くて残業も多い保育園に比べて給料の大幅アップや待遇改善も期待できます。

保育士資格を生かして働けるのは保育士だけではありませんから、保育士を辞めたいと思っている保育士さんは他の業界にも目を向けてみてはいかがでしょうか。