保育士を辞める時の言い方
保育士辞めたい!転職したい > 保育士 辞め方 > 保育士を辞める時の言い方

保育士を辞める時の言い方


園長に「仕事を辞めたい」と言いづらい

子供と関わる保育士の仕事がしたくてこの道を選んだけれど、いざ働いてみると辛いことがたくさんあって、もう辞めたい…と思っている保育士さんもいらっしゃるでしょう。

仕事中は休憩時間も取れないくらい忙しいし、持ち帰り残業もあるから家でも休んだ気がしない、女性社会で人間関係も大変、なのに給料は低い。子供が好きという気持ちだけじゃやっていけない部分もありますよね。

ただ、もう限界!もう辞める!と心を決めたところまではいいのですが、いざ本当に辞めようと思ったらなかなか行動に移せないという方も多いのではないでしょうか。

仕事を辞めるまでには仕事の引き継ぎや転職先探しなど色々とやることがありますが、その中でも最も気が重くなるのが園長に退職の意向を伝えるという工程だと思います。

「仕事を辞めたいんですけど…」と切り出すのは非常に勇気が入りますよね。怒られるんじゃないか、嫌な顔されるんじゃないかとビクビクしてしまいます。

しかし保育園を辞めたいなら、園長に退職したいと申し出ることは避けて通れません。言いづらいからといっても、社会人ですから無断で辞める訳にもいきませんよね。

言いたいけど言えない…とモジモジしていてはいつまで経っても退職できません。いつかは言わないといけないのですから、覚悟を決めて伝えましょう!

園長に声を掛けるベストなタイミングはいつ?

園長に退職を申し出る覚悟を決めた時、次に悩むのは「どうやって言おう」ということでしょう。

どのタイミングで話をすればいいのか、最初に何て声を掛けたらいいのか、いきなり言っていいのか…。悩むことはたくさんありますよね。

まず、声を掛けるタイミングから考えてみましょう。

ちなみにいつ辞めるのがいいのか、辞める時期についてはやはりベストなのは年度末になります。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

退職の話をするために園長に声を掛けるタイミングとしては、なるべく手の空いている暇な時に言うのが基本です。忙しい時だときちんと聞いてもらえなかったり適当に流されてしまう可能性があります。

そして他の人には聞かれたくない話ですから、周りに人が居ない、園長と2人きりになるタイミングで声を掛けるのがベストです。

複数人での休憩中やみんなが集まるミーティング中など、周りの注目を集めるような時に話し掛けるのは避けてください。

仕事が終わってみんなが帰った後や、園長が朝からいるなら早めに出勤して2人きりになれる時間を作りましょう。

辞める時、第一声は何て声を掛ける?

次に、最初にどう声を掛けたらいいのかということですが、いきなり「すみません、仕事を辞めたいのですが…」と切り出すのはNGです。

先ほども言った通り、こういう話は周りの人に聞かれないように園長と2人で話ができるところで言わなくてはいけませんから、まずは2人でゆっくり話ができる環境を作らなくてはいけません。

ですからまず最初に声を掛ける時は、

「ちょっとお話があるのですがよろしいでしょうか」

「ご相談があるのですが、少しお時間いただけますか?」

と切り出すのがベストですね。

そうすれば2人で話せる部屋に移動してくれたり、今はちょっと無理ということであれば「後で時間を作るからその時に」と言ってくれると思います。

ちなみに最初のこの声掛けも、なるべくなら他の人に聞かれないようにこっそり話し掛けた方が良いです。勘の良い人なら、他の人に聞かれたくない話=退職の話?と勘付いてしまうからです。

退職するならいつかは知られることなのでそこまで厳重に隠す必要もないのですが、もしもやっぱり辞めない事になったとしたら、一度退職しようとしてたことがバレてしまう事になります。

他の保育士との関係があまり良くないのであればこうした事も災いの元となりかねません。デリケートな話ですし、無用な争いを防ぐためにも慎重な行動を心掛けることに越したことはありませんよ。

保育士を辞める退職理由は何て言えばいい?

園長とじっくり話せる環境を作ったらいよいよ本題に入りますが、ここで最も悩むのが退職理由でしょう。どんな理由で保育士を辞めるのかを説明しなくてはいけません。

円満退職するための退職理由については以下の記事で詳しく解説しているので、こちらをご覧になってみてください。

簡潔に言うと、

  • 園への不満はなるべく言わない
  • 引き止められにくい理由にする

という点に気を付けるのがポイントです。

不満に思っている事を洗いざらい話して辞めるのは最後に遺恨を残すこととなりスマートな辞め方ではないですし、さらには引き止められて辞めにくくなる確率が高まります。

一番良いのはプライベートに関係する事情にすることですね。これなら第三者が口を挟むことはできないですから、引き止められにくくなります。

本当は不満に思ってることを洗いざらい吐き出したい気持ちもあるかもしれませんが、ここはぐっと我慢しましょう。円満退職するためには建前も必要です。

保育園を辞めることは同僚に秘密にしておくべき?

園長との話し合いを終え、無事退職が決まったとします。この段階で退職の事を知っているのは園長だけ(先に主任に話をしていたとなれば別ですが)ですよね。

この後、一緒に働く他の保育士達に自分が退職することになった事を伝えた方がいいのか、という所もどうしたらいいのか迷うのではないでしょうか。

園長から口止めされた場合は内緒にしておくと思いますが、特にそういった事は言われなかった場合、自分からみんなに言った方がいいのか、それともギリギリまで内緒にした方がいいのか…。

また辞めることが決まってから退職日までは1ヶ月~3ヶ月くらい、保育士の場合は下手すれば1年近く間が空くことになると思いますから、言うとしたらいつどのタイミングで告白すべきかも悩むと思います。

一般的に、誰かが退職するとなってもすぐに大々的に発表するようなことはせず、時が来たらひっそりと公表するという会社は少なくありません。そして本人もギリギリまで内緒にしたがることが多いです。

その理由としては、

  • 社員の士気が下がる
  • 便乗して辞めたがる人が増える
  • 他の社員に伝えるのはタイミングを見計らってからにしたい
  • 退職理由などを根掘り葉掘り聞かれるのが面倒
  • 早く言ってしまうと退職日まで気まずい

などが考えられるからです。

もちろん引継ぎの問題もありますので、退職当日まで誰も知らなかったというような事は滅多にありません。通常はもっと早くに知らされて、引継ぎ作業や送別会の準備などに取り掛かると思います。

しかし、やはり辞めることはあまりおおっぴらにしないという風潮はありますから、実際には「噂話で聞いて初めて知った」という人が出てくることもよくあります。

むやみに言いふらしてもあまり良い事はありませんから、特別な事情が無ければ園長から発表されるのを待つか、辞める1ヶ月ほど前に報告するのが良いのではないでしょうか。

ただ、仲が良かった同僚には先に伝えておきたいなと思いますよね。一緒に頑張ってきた仲間なのに、ギリギリまで秘密にしておくのは心が痛むと思います。

そういった場合は、本当に信頼できる人にだけはこっそり伝えておいてもいいでしょう。きっと「寂しくなるけど次の仕事も頑張ってね」と言ってくれると思います。

ただし、伝える相手はよく考えてください。いくら仲が良くても、口が軽いタイプや一緒に辞めたがるタイプならギリギリまで伏せておいた方がいいでしょう。

退職するなら円満退職を心掛けよう

いくら嫌な想いをしたからといって、保育園を辞める時はなるべく円満退社を心掛けましょう。

「園を辞めちゃえばもう会う事もない人達」と思っているかもしれませんが、いつどんな形で元同僚達と関わり合うことになるかわかりません。

それに、もしかしたら転職後に色々あって、また勤務していた保育園に出戻りで働きたくなることもあるかもしれません。

そんな事絶対にない!と思われるかもしれませんが、実際に会社を辞めた後出戻りでまた働く人もそれなりにいます。再就職先が見つからなくて本当に困った時はそういう選択肢も出てくる場合があります。

そんな時、もし最悪な辞め方をしてしまっていたら出戻りするのはきっと不可能です。そういった可能性も考えたら、円満退社しておいて損はありません。

退職意思を伝える時はあまり感情的になり過ぎず、穏便に事を済ませられるように配慮しましょう。

そして保育園を去る時は、これまでお世話になった園長や他の保育士達に感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。