退職届
保育士辞めたい!転職したい > 保育士 辞め方 > 保育士を辞める時の退職理由はどうする?

保育士を辞める時の退職理由はどうする?


保育士を辞めたい時はどうやって伝えるのがベスト?

保育士を辞めたいと思っている方は、辞める時にどういう退職理由にするか悩むのではないでしょうか。

仕事を辞める時には退職理由を伝えなくてはいけませんが、下手な理由を言ったせいで辞めさせてくれなかったり引き止められたりしたら嫌ですよね。

ですから退職理由は思ったことをそのまま正直に言うのではなく、言い方を工夫したり、場合によっては適切な理由を考えなくてはいけません。

では、なるべく揉めずに円満退職するにはどんな退職理由がいいのでしょうか。

職場への不満はなるべく言わない

実際のところ、辞めたい理由の大半は園への不満だと思います。

  • 給料が安い
  • 残業が多い
  • 休みが少ない
  • 人が足りなくて忙しい
  • 人間関係が悪い、いじめられた
  • 園の方針が合わない

こうしたことが原因で転職したいと思っている保育士さんは非常に多いです。

しかし園長や主任に退職したいと申し出る際、これらの理由を素直に話すのは得策ではありません。

それはなぜかというと、まずは辞めたい理由がネガティブなものだったら、同僚や上司は良い気がしないので退職日まで気まずくなる可能性があるからです。

辞める方からすると「こんな給料安い割にこき使われる園なんてもう嫌!」という気持ちだとしても、残された人達はその職場でこれからも働く訳です。

自分達も園の状況は分かっているので「そりゃ辞めたくもなるよね」と共感する気持ちもあるのですが、一方でもやもやした気持ちにもなるはずです。

また、もしかすると

「別に辞めるんだから園の人達にどう思われようが別に関係ない。これまでの不満をぶちまけて辞めてやる!」

なんて思っている方もいるかもしれませんが、それも止めておいた方がいいと思います。

確かにその瞬間はすっきりするかもしれませんが、そこから退職日までが最悪ですし、辞めた後に何か用事があって園に行かなくてはいけない時にも非常に気まずいです。

それに世間は思ったより狭いですから、辞めた後もいつどこで元同僚達と出会うかわかりません。次も保育士として働くなら新しく働く園にも噂が伝わっているかもしれないし、違う仕事だとしても何らかの形でばったり会う可能性も無くはありませんよね。

無駄に敵を作るとその分不都合なことも増えますから、なるべくならそうした揉め事は起こさない方がいいと思います。

ですからいくら我慢の限界だったとしてもすべてを正直に言い放つのは控えて、オブラートに包んだ言い方をした方が穏便に済ませることができます。

そして、園への不満が原因で辞めたいと言わない方が良いという理由には他にもあります。それは、引き止められてスムーズに辞められなくなるかもしれないからです。

多くの保育園では人手不足のため、保育士が辞めたいといったら高確率で引き止めます。その際に退職理由が引き止める余地がないものであればしぶしぶ了承してくれますが、「押せば考え直すかもしれない」という隙を与えてしまうと全力で引き止めてきます。

そして、園への不満という理由はその隙がたくさんあるんですよね。

「給料を上げるから考え直して」
「新しく人を入れる予定だから負担は減ると思う」
「○○さんには注意しておくからもうちょっと頑張って」

など、「不満点は改善するから辞めないで」といったことを言ってきてなかなか辞めさせてくれなくなる可能性が高いんです。

そこで本当に改善してくれて不満点が解消されるのならそのまま続けるのもいいのですが、残念ながら口だけで全然改善されないということもよくあります。

ですから本気で辞めるつもりなら、引き止められる隙を与えない、別の理由を考えた方がいいです。

嘘の退職理由を言うのはできるだけ避けるべき

では、なるべくネガティブな印象を与えず、かつ引き止める隙を与えない退職理由にはどんなものがあるでしょうか。

まず、完全なる嘘の理由を作り出すのはあまりおすすめしません。

嘘がばれたときのリスクもありますし、何より自分自身で罪悪感を感じて気持ち良く退職出来なくなるからです。

ですからもし園長や主任と良好な信頼関係を築けていて嘘の理由を言うのが心苦しいと思ったのであれば、正直に話してみるのもいいかもしれません。

「○○さんが嫌いだから」
「給料が安すぎてもう働く気がしない」

といった理由はさすがに伏せた方がいいですが、

「将来の事を考えてもっと貯蓄できるような仕事がしたい」
「結婚も考えているからゆとりを持って働ける仕事に転職したい」

といった理由であれば、本当にあなたの事を想ってくれているのであれば強引に引き止められることはないのではないでしょうか。

とはいえ、園長には園長の立場というものもあります。本当は気持ちよく門出を祝ってあげたいけれど、そうできない事情もあるでしょう。

それに、自分のことしか考えていない、保育士一人ひとりの事情なんて知ったこっちゃないというような考えの園長であれば、遠慮なく引き止めてきます。

中には

「途中で辞めるってことは園児に申し訳ないと思わないのか!」
「保護者にどう説明するつもりだ」

と責め立ててくる園長もいるかもしれません。

残念ながらそうした事態が容易に想像できる…ということであれば、確実に辞めるためには嘘の退職理由を作り上げることも必要になってくるでしょう。

引き止められにくい保育士の退職理由は?

では、理由を話した時に引き止められにくい退職理由というのはどういったものになるでしょうか。

一番良いのはプライベートに関する理由です。

仕事に関連した理由だと「改善するから」「何とかするから」と言われてしまいますが、仕事に関係ない私生活に関することには口出ししにくくなります。

具体的には、

  • 結婚することになった
  • 親の介護をしなくてはいけなくなった
  • 家業を継ぐことになった
  • 実家に帰ることになった

といったようなことですね。

あとは先ほどの理由に比べるとちょっと弱いですが、

  • やりたい仕事が見つかったので転職したい
  • 新しい夢のために学校に通って勉強したい
  • 資格勉強に集中したい

などのキャリアチェンジしたいという理由も前向きで角が立ちません。

これらの理由で退職を申し出たら、園長の方で何とかできる問題でもないので強引に引き止められるということはないと思います。

ただそれでも何だかんだと説得してくる園長もいるので、押し切られそうで怖いということであれば、もう退職に向けて動き出しているという姿勢を見せるとより辞めやすくなります。

例えばもう引越しの手配をしてしまったとか、もう入学の手続きは済ませてあるといったことですね。ちょっと強引ですが、強引なのはお互い様ということで割り切るしかないです。

強引な方法といえば、もう次の仕事が決まっているということにする手もありますね。これは入社日という明確な期限があるので退職日を引き延ばすこともできなくなりますし、確実に辞めたいなら非常に使える手です。

ただこの理由だと新しい転職先を周りからしつこく聞かれたりした時にバレないための嘘も用意しなくてはいけないし、離職票がもらえなくて失業保険をもらえないなんて事もあるかもしれません。

強力な分リスクもあるので、この方法は最終手段ということにしておいた方がいいかもしれません。

引き止めの声にも耳を傾けてみよう

本気で辞めたいと思ったから意を決して退職を申し出たのに、そこで引き止められてしまうと「せっかく勇気出して言ったのに辞めさせてくれないの!?」とイライラしたり絶望的な気分になってしまうかもしれません。

辞めたいという保育士を引き止める園長の多くは、「今辞められたら迷惑」「新しい人を探すのは大変だから辞めないで欲しい」といった園側の都合で引き止めをします。

だから辞めるといった時に色々と説得されたとしても、「どうせそっちの都合でしょ」「本当に私の為を想って言ってる訳じゃないんでしょ」と思うかもしれません。

しかし、中には本当にあなたのためを思って引き止めてくれている園長や主任がいるかもしれないということも忘れてはいけません。

例えば新卒で入ってまだ1ヶ月しか経っていないのに退職を申し出たり、転職先は決まってないけどどうにでもなるだろうと軽く見ているようだったら、「せめて1年は頑張ってみたら?」とか「次の仕事が決まってからでも遅くないんじゃない?」と声を掛けると思います。

園長や主任という立場は置いておいて、これまで一緒に働いてきた仲間であったり、人生の先輩としてアドバイスをしてくれている可能性もあるんです。

これまで一緒に働いてきて良好な関係を築いてきたのなら、「辞めて本当に大丈夫なのかな」と思うような辞め方をしようとした時には、人として心配になるものです。

そういった場合には実際に辞めるか辞めないかは別としても、あなたの事を想って親身にアドバイスしてくれる人の言葉は真摯に受けとめるべきです。

実際若いうちは感情に任せて突発的な行動に出やすいものですし、安易に退職したせいで後々後悔する人も少なくないです。傍から見ればまだ辞めない方が良いという状況があるのも確かなんです。

ですから退職を申し出た際に引き止められたら、これまでの園長との関係や園長の人柄なども考慮した上で、単純に辞められたら困るから引き止めているのか、それとも本心から辞めない方がいいと思って説得してくれているのかを考えてみてください。

最終的に退職するかどうかを判断するのはあなた自身ですが、時には周りの声にも耳を傾けた方がいいという事ですね。

保育士の退職で失敗しないために

保育園は今どこも人材不足に悩まされていますから、強引な引き止めに合う確率も高くなっていると思います。しかし本当に辞めたいと思っているのなら、周りに流されることなく自分の意志を突き通す強い心を持ちましょう。

そしてただ辛いから辞めるのではなく、辞めた後にどうするかをしっかりと考えることや、今回辞めた経験を次に活かすということも大切です。

なぜ辞めたいのかを曖昧にしたまま辞めてしまうと、次の仕事でも同じ理由で退職したくなるかもしれません。短期間で転職を繰り返せば職歴が汚れてしまい、次からの転職が難しくなってしまいます。

一時的な感情に任せて辞めてしまうのではなく、退職するならしっかりと考えた上で行動に移しましょう。