年間カレンダー
保育士辞めたい!転職したい > 保育士 辞め方 > 保育士 辞める時期について

保育士 辞める時期について


保育士の退職時期でベストタイミングなのは?

保育士の仕事を辞めようかと検討中の方は、いつどのタイミングで退職すればいいのか悩んでいるのではないでしょうか。

普通の会社なら、基本的に辞めたいと思った時点で退職を申し出れば、引継ぎを考えても1ヶ月~3ヶ月後には辞められますよね。

繁忙期が終わってから、大きなプロジェクトが終わってからなど、会社それぞれの事情に合わせる必要はあるのでいつでも好きな時にとはいきませんが、それでも年間を通して比較的自由に退職時期を決められると思います。ボーナスを貰ってから辞める人も多いですよね。

しかし保育士は他の仕事とは事情が違います。保育園に勤務している場合は4月から3月までが一つの区切りとなっているので、辞めるなら年度末の3月というのが現場では常識となっています。

これは年度途中で退職してしまうと担任の先生が途中で変わってしまうからです。年の途中で担任の先生が変わってしまうと子供達も戸惑ってしまいますし、保護者からの印象も良くありません。

そのため特にクラス担任を受け持っている保育士さんの場合だと年度途中で辞めるのはご法度という雰囲気があり、多くの先生は年度末のタイミングで辞めていきます。

こういう事情があるため、保育士の辞める時期でベストタイミングなのは3月となっています。

年度末まで待てない!3月以外の時期に退職できる?

ただ、年度末の時期は年に1回しかありません。3月のタイミングを逃せば、次に退職のチャンスが訪れるのは1年後という事になってしまいます。

「そろそろ子供が欲しいな」
「体力的にきつくなってきたからぼちぼち違う仕事を探そうかな」

といった理由で退職を考えているのであれば、たとえ辞めるのが1年後になってもそれまで待てるかと思います。

しかしそうではなく、

  • もう仕事を辞めたくて我慢できない
  • 職場でいじめられている
  • これ以上無理すると体を壊してしまいそう
  • 病気やケガで仕事を続けられなくなった
  • 家庭の事情で辞めなくてはいけなくなった
  • 急に引っ越すことになった

といったように緊急性の高い理由で退職したい場合、3月までなんて悠長なことは言ってられないですよね。年度途中であっても辞めざるを得ないと思います。

年度末が退職のベストタイミングではありますが、年度末じゃないと絶対に退職できないという決まりがある訳ではないので、やむを得ない事情があれば年度途中でも退職することはできます。

年度途中で辞める場合の注意点

急な引越しや病気・怪我などが原因で辞める場合は退職時期を調整するのは難しいでしょうから、園に事情を説明して時期に関係なく退職させてもらうしかありません。

しかし、違う仕事に転職したい、仕事が嫌で辞めたいなどの理由であれば、年度末までは無理だとしても、なるべく迷惑が掛かりにくい時期・タイミングで退職したいですよね。

もし年度末以外で辞めるなら、大きなイベントが終わって一息ついた頃が比較的辞めやすいです。

保育園で大きなイベントと言えば、

  • 運動会
  • お遊戯会
  • 卒園式

などがありますね。

運動会とお遊戯会は9月~12月頃に行われますが、この時期は他にも遠足やハロウィン、クリスマス会などイベントが盛りだくさんです。そのため行事の準備に追われる秋の間は保育士の繁忙期と言えます。

ですから年度途中で辞めるとしたら、この忙しい時期が終わった1月頃まで待つのがベストかもしれません。

あとは春もイベントが少ないので、5月~7月頃も狙い目です。ただしこの時期は4月に新卒で入社した保育士が辞めやすい時期でもあるので、他に辞める人が出たら同時期に辞めるのは難しいかもしれません。

そして、年度途中で辞める場合は退職時期に考慮することも大切ですが、退職の意思を伝える時期も非常に重要です。

人手の足りない保育園では一人でも辞めると運営に大きな支障が出てしまいます。そのため退職するなら新しい人を確保してから辞めないと非常に迷惑が掛かります。

募集を掛けて選考して採用に至るまでには2ヶ月程度は必要です。最低でも1ヶ月前には伝えないと間に合いません。

園に迷惑が掛かっても構わないというのであれば2週間前に伝えてさっさと辞めてしまうこともできますが、立つ鳥跡を濁さずと言いますし、やはり最低限の配慮は必要だと思います。

言うのが早すぎると今度は退職日までの間気まずいという問題も出てきますが、園側としては早ければ早い方が助かるので、あまりギリギリに言うのはお勧めできません。

またもう一つ気を付けたいのが、多くの園では年末頃から来年度のクラス担任の編成などが始まります。退職の意向を伝えるのがこの時期より遅くなってしまうと、すでに受け持ちのクラスが決定してしまっている可能性があります。

そうなってしまってから辞めるのは大変なので、年度途中で辞めるならこのあたりの事情にも配慮しましょう。2月では遅いので、やはり12月~1月までには済ませておきたいですね。

希望のタイミングで保育園を退職できるとは限らない

年度途中で辞めるのは不可能ではないし実際に辞める保育士さんもいますが、保育園に迷惑がかかってしまうというのはこれまでお話ししたとおりです。

それでも辞めたいのであれば時期を見計らって主任や園長先生に申し出ることになりますが、その際には高確率で引き止めにあいます。

ギリギリの人数で運営している保育園なら一人でも辞められたら困るし、新しい保育士を雇うにも簡単には見つからないからです。

それにクラスを持っている場合は途中でクラス担任が変わってしまいますから、園側としてはそれも避けたいという気持ちもあります。担任の先生がコロコロ変わるようでは信用問題にかかわってきますしね。

ということで、中途半端な時期に退職を申し出ても、

「子供達のことを考えてあげて」
「今辞められたら困る」
「何とか年度末まで頑張ってくれないか」
「給料をアップするから」
「仕事量を減らすから」

など色々言われて引き止められる可能性が高いです。

すんなり退職を認めてもらえず話し合いが難航してしまうことはよくありますし、流されやすい人や押しに弱い人だと強引な引き止めに屈してしまい、ずるずると続けてしまうケースもあります。

酷いところだと退職の話をしようにもまともに取り合ってもらえない、わざと避けられて話し合いの場を設けてもらえないなど強硬手段に出られる場合もあります。

このように年度途中での退職はトラブルに発展しやすく、思ったとおりに辞められない事も多いです。本当は年末に辞めようと思って10月に申し出たのに、結局何だかんだで3月まで辞められなかったなんてことも十分に考えられます。

ですから年度途中で辞める場合は、「想定していた時期よりも退職時期が遅れてしまうかも」と考えておいた方がいいかもしれないですね。

ただし引き止められたからといってその度に流されていては、いつまで経っても辞められません。

「新しい人が決まるまで待って」と言われて応じたのに待てども待てども新人が入る気配がなく、問い詰めたら募集すら掛けてなかったなんてこともあるかもしれません。

本当に辞めるつもりなら強い意志を持って対応しましょう。もし園側の事情に配慮して退職時期を遅らせたとしても、「○月までには絶対辞める」とはっきりさせておいた方がいいです。

転職先は在職中から探しはじめよう

退職することを決意したのなら、次の職場も決めなくてはいけませんね。

転職活動は在職中から始めるのが理想ですが、忙しい保育士の仕事をこなしながら転職活動も同時に進めるのはなかなか難しいです。

そんな時は転職エージェント・転職支援サービスを活用しましょう。コンサルタントが転職のサポートをしてくれるので、現職が忙しくてもスムーズに転職活動を行えます。

20代の保育士さんで異業種転職をお考えであれば、

マイナビジョブ20’s

をはじめとして、

  • DYM就職
  • ハタラクティブ
  • 就職shop

などの20代向け就職・転職支援サービスを利用できます。

マイナビジョブ20’sは20代の第二新卒におすすめのサービスで、第二新卒向けの求人を豊富に取り扱っています。

DYM就職、ハタラクティブ、就職Shopも20代向けで、こちらは第二新卒、既卒、フリーターの方も対象としています。

どちらも20代の若い世代を求める企業からの求人ばかりなので、保育士しか経験がないという方も正社員転職のチャンスがあります。

そして登録すれば求人紹介だけでなく、面接日の調整や条件交渉、さらには面接対策や履歴書作成のアドバイスなども受けられます。

これらのサービスはすべて無料で受けられるので、転職をお考えの方はまず登録してみてはいかがでしょうか。在職中でも退職後でも利用できますよ。